« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

天使の羽

冬型のお天気に恵まれた??真冬並みのゲレンデコンディションの2日前のことです。

春休みともあってご家族連れで賑わう中、スキーからの出会いで始まったB(バッチリ)S(スキーで)A(遊びましょ)の女子会の皆様。日本だけではなくアメリカ、カナダ、スイス、フランスのゲレンデを網羅なさっていらっしゃっているにもかかわらず、今シーズンのスキーを締めくくりに玉原にご来訪くださいました。

Img_5352_3Img_5353

特に上級者の方にとって満足度が高いコースがあるわけではない玉原スキーパークではありますが、自然界の神様が味方してくださったのでしょうか?初日の固まったバーンから過ぎ行く真冬の冬の景色を惜しむかのように終日粉雪の二日目。最終日には深雪(新雪)パウダー快晴。朝食を少し早めて、流石雪の生活に慣れていらっしゃる皆様はとにかく段取り良くスピーディー。とてもシニア券でゲレンデに出かけるとは思えないくらいお洒落で、かつ機能性もあるそれぞれに個性のあるウェアと小物を身にまとい自由自在に楽しく雪と軽やかに戯れている(滑っている)ゲレンデでのお姿に若者達やお子様達はきっと背中に羽が見えたことでしょう。ある山スキーの達人が「スキーの板は天使の羽より自由だ。」と書いていたことを思い出させてくれました。どんな場所でもどんなコンディションでも楽しく自由に滑るをモットーになさっている皆様は天候によって変化に富んだゲレンデを三日間飽きることも無く堪能していただけたのも気まぐれやサンのここに住む冬の自然界の画伯の贈り物だったのかもしれません。

Img_5350ずっと「ママ踊る」と思い込んでいた福島の「ままどおる」Img_5351山形の温泉地のワイナリーの紅白ワインの中に入っていたパンフレット。シーズン終わったらじっくり読んでじっくり飲ませて頂きます。それまでお預けです。

夕食時は私達が行った事のないないスキー場の情報や、産地の美味しいもの、各地の景色、そして今シーズンの思い出話、早くも来シーズンの予定などなどをお話しなさりながらダイニングから聞こえてくる終始楽しそうな笑い声と会話に、厨房の中で彼(オーナー)と「自分達では体験できないことやアドバイスを今回も沢山いただいちゃったね。まさしく旅の達人だね。」とお土産のお菓子やお茶を頂きながら、心も体も沢山吸収させていただくことができました。

Img_5347_2
さぁ、春休みも後半戦。昨日の猛烈な嵐のような吹雪から一変してこの上ない穏やかな快晴の午後となりました。こんな気持ちの良いお日様の日差しを浴びていると私もゲレンデで天使の羽を借りて軽やかに飛んで(無理か)ゲレンデ情報をお伝えしたい所ですが、彼(オーナー)は恒例の木曜買出し日。ゲレンデ情報はお客様にお聞きすることにして、私は愛猫メロディーと真っ青な空を自由に飛んでいる鳥達を眺めながら少しだけお仕事の手を止めて日向ぼっこすることにいたします。う~ん。白い雪が眩しくて家の中でも日に焼けそうです。皆様、これからは特に紫外線が強くなります。寒さ対策になるか、日焼け防止になるかはなんとも言えませんがフェイスマスクが必須ですよ~。

love.  YImg_5296

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

感動。勇気そして笑顔

Img_7387


私は特に野球のルールや知識を良く知りませんが高校野球が大好きです。(スポーツなら何でも好きですが・・)

甥や友人の子たちが、後もう一回勝てばというところで甲子園行きを逃して涙しています。

先日の東北代表(宮城県)石巻工業高校の主将の選手宣誓の素晴らしい宣誓は日本中が心に響く感動の宣誓であったと思います。

仕込みも終わり本日の第3試合に間に合いました。(TVだけど)鹿児島県代表の神村学園にリードされていた4回裏の逆転劇。そしてまた逆転され、8回裏3アウト。9回表を守り抜き攻撃の前に逆転を信じ祈り、全員で叫ぶ石巻工業の姿に応援席から聞こえてくる応援席の援声には私の涙までをも誘いました。

両チームとも正々堂々と戦う姿と気迫。甲子園が一体化する応援席の精一杯の声援に私も最後まで感動の渦にのみこまれるかのようにTVに釘付けとなってしまいました。

「日本がひとつになりその苦難を乗り越えることが出来れば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じてます。だからこそ日本中に届けます。感動。勇気そして笑顔。」負けてしまいましたが石巻の主将が宣誓した通り、両高のこの先を背負う高校球児が見せてくれました。日本人の底力そして絆を・・・

初の2回戦進出神村学園おめでとう。雪の多い中で練習メニューを工夫しながら苦境にも負けず最後まで自分たちを信じて諦めない姿を見せてくれた石巻工業本当にありがとう。

次は、一回戦を勝ち進んだ地元健大高崎の釘付けとなり、またまた感動。勇気そして笑顔を頂くことになるのでしょう。

追・昨日雪。本日晴れ。ただいま小雪が舞い降りております。ころころ変わる春のお天気。ノーマルタイヤで来れそうですが、まだまだ油断はできません。くれぐれもお出かけの折りは完全な装備で安全運転を心がけて道中くれぐれもお気をつけてお越しくださいませ。

love.  YImg_0612

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

ほのぼの

週末日曜日なんとかグッと堪えてくれた悲しそうな空。少し泣き出してしまいましたが(雨)、ぼたん雪に変わったり、薄日が差したりと春スキーらしい??景色の中で皆さんの笑顔にほのぼの・・(ホッといたしました。)

Img_5246


美人4姉妹に囲まれて(アッ!お一方は奥様)お父様のタジタジ姿にほのぼの・・

Img_5244Img_5242


「ゲレンデ行かないでココでずっと遊ぶ~!!」とHRCの雪の壁にソラマメみたいな色した可愛いワンピースを纏った兄弟のHIROくん&RIKUくんが登ったり滑ったりしている姿にほのぼの・・

Img_5252


一昨日のRIKUくんに引き続き、夕べもお夕食後半にデザート食べれないで、何故かお気に入りとなったお部屋の鍵を大事そうに脇に置き、暖炉のあるスペースで沈没し夢の中に突入してしまった思う存分ゲレンデで雪遊びしてきたKANTAくんの寝顔にほのぼの・・

Img_5264
Img_5261_2
Img_5258



お仕事終えて、そっとプライベートルームに戻ったら私のベッドを占領してようやく覚えた毛繕いをしている愛猫Merody。私が戻ってきたのに気が付かないふりをして知らんぷりしている姿にほのぼの・・思わず抱きしめたら凄く迷惑そう・・でもこの時間に自分自身のほのぼのを感じさせてもらっています。

今日は朝から極寒のマイナス8度。空から粉雪舞い降りております。一度暖かくなるとこの寒さは堪えますが、新たな白い世界で皆様をお迎えできることに感謝しなくてはです。

今晩はどんなほのぼのにお目にかかれるれることでしょうか?

お彼岸の入りとなり、いよいよ本格的な春休み、それでも道中の運転及び装備には念を入れてくれぐれもほのぼのとした旅の思い出の1ページとなりますようにと願っておりますです。

love.  YImg_5224


追・昨年は中止となってしまった大人気のたんばらJr.CUP.。今年は4月1日に開催されますよ。嘘じゃありません。ほのぼのとしたTKEMI君の華麗な滑り今年は見られるのでしょうか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

LOVE LETTER

4
昨日の強風を伴う粉雪は、止むことも無くまたまた冬に逆戻りしてしまった午後、買出しから戻らない彼(オーナー)を待ち、玄関に出て行く私(どこにも行かないのに)を不安そうに見つめるMerodyが思わず絵になっていたので思わずパチリ。郵便ポストには何通かの手紙。窓に雪の結晶が張り付いて、氷点下11度の外は一瞬にして私の指先を凍らせてくれました。

私はどんなに忙しくしていても、手紙や葉書を読むときは心落ち着けてお気に入りのBGMを聞きながら、温かいお茶を飲み楽しみに封を開けるように心がけています。切手までもに気配りを感じ、特徴のあるその方々の文字それだけでもとても嬉しい気持ちになるのです。そんな心穏やかになれる時間を持たせていただけることに感謝です。

Img_5232Img_5233Img_5227


心に染みるLOVE LETTERをありがとう。沢山の愛の言葉をありがとう。心救われる良い時間を私に届けてくださった遠く離れていても心の繋がりを繫いでくれるLOVE LETTERをありがとう。今日を頑張る気持ちと明日の力になる素敵な言葉と想いをありがとう。

1


今宵も、私達は今あるこの景色を撮影し、彼(オーナー)にポストカードにしてもらい皆様の食卓に小さなお花と共に」私の癖のある文字に感謝の気持ちをLOVE LETTERとして添えさせていただきながら、ご来訪くださっている皆様の幸せで大切な時間を過ごしていただく為に心をこめて準備を始めることにいたします。さてと、今日のポストカードはやっぱり雪景色を眺めているMerodyで決まりかしら・・・

昨日の吹雪は消え去り本日は最高のコンディションとなりました。夕べご来訪くださった双子ちゃんが朝食後にダイニングでバレエを踊って準備体操。踊りたくなるような素敵な気分の青い空です。明日も晴れるといいんだけれど・・・凍結している箇所が何箇所かあると思います。道中くれぐれもお気をつけて。山頂の積雪230センチの玉原スキーパークより心をこめて・・・

love.  YImg_5225

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

雪道もゲレンデも安全運転で・・・

Img_5199_2
Img_5201



昨晩の杏色の空も、満天の星空も、明け方の月明かりも今日のお天気を予想出来るかのように、お日様が目を開けていられない程真っ白な新雪に反射しての終始笑顔満載若者グループの記念撮影会でした。

思わずフカフカの雪にダイビング。気持ちよくわかります。

Img_5202


聞けば彼(オーナー)と同郷の若者グループは、一昨日の真夜中にチェーンを付けるタイミングを逃し、スタッドレスタイヤを付けていながらも、凍結した雪道に四苦八苦し大変だったそうです。(3月の中旬となると早朝や夜遅い時間は溶けた雪が凍結します。)

今日はポカポカなお天気になってくれたおかげで、道路の雪は殆ど溶けておりました。が、スノーライフを楽しまれ、下山する車はスピードを出しすぎ道の真ん中を走り、上ってくる車と衝突するという事故がありました。彼(オーナー)も娘の学校の送迎で何度もぶつけられたという経験があります。この時期に雪が降れば、ゲレンデは最高のコンディションですが、雪が降れば雪道には当然雪や凍結など予期せぬ変化がつきものです。皆様どうぞくれぐれも安全な装備で、道中お気をつけてお越しくださいませ。

Img_5203


雪道もゲレンデも安全運転で終始笑顔の楽しい旅になりますように・・・

love.  YImg_5955_1_2




| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

眠かったのに・・・のその2

3131_2
3132



若者グループの怪我も無く無事のチェックインを祈りながら、今宵の夕食のセッティングをし始めた頃、フワフワの深雪に夕日が反射して映し出されるブナの森の木々の影。久しぶりの杏色の空が見えるかもとなんとなくそわそわ・・

Img_5191
3133


無事に怪我も無くチェックインしてくださったことに安堵し、お夕食の始まる5分前に外に出てみました。西の空が杏色に染まり始めていました。(良かった。間に合って・・)

ずっと遠くまであの空を追いかけたかったけれど、一眼レフを持つ手もあっという間に凍りつきそうなくらい感覚がなくなって来て(時間も・・)止む無く家に入りました。

Img_5193


今朝見た玄関の外の温度計と同じマイナス8度。眠かったのに・・・これでグッと目が覚めました。

それでも日が長くなりました。冬と春が同居しているような、オレンジ色がひときわ目立つ(火星)と春の星座がとても美しい澄んだ空気の中、若者達はほんのわずかな睡眠時間(車の中で2時間仮眠)にもへこたれず未だにダイニングでUNO大会で盛り上がっております。

眠かったのに・・・ゲームオーバーになるごとに静かなブナの森に響く歓声に目が覚めてしまいます。若いって本当にそれだけで素晴らしいなぁ~とつくづく思い、眠気には勝てない私でございます。

明日はホワイトデー。真っ青な空と純白の雪景色で言うことなしの一日になりそうです。

love.  YImg_5195_2




| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

眠かったのに・・・

Img_5153


夜中の電話(以前から予約があったけど、確認の為の電話???は今朝の若者たちグループ)で眠かったのになかなか眠りにつけなくなってしまったMerody。(私も・・)お蔭様と言っていいのか悪いのか真夜中に放映されている洋画メリルストリーブ主演の「ジュリー&ジュリア」を鑑賞してしまう破目になってしまいました。

早朝から元気な若者たちグループはリフト券の引き換え券を取りにきました。きっと殆ど寝ていないだろうから怪我なんてしないでくれるといいなと思いつつ・・夜は静かに就寝なさってくれますようにと願う気持ちが正直な気持ちでございます。

Img_5157


駐車場の除雪をしている彼(オーナー)を(何してるんだろうか)と不思議そうに眺めているMerodyです。

Img_5179
Img_5180
Img_5181


3月も半ば。もう大きな窓の氷柱の芸術作品はお目にかかれないかなぁと思っていましたが、昨日からニョキニョキと成長している状態に先日彼(オーナー)が「春雷で春がくるんだなぁ。」と言っていた言葉がかき消されたように四方八方窓から見える景色に、まだ遠い春を感じざるを得ません。

Img_5189


そうこうしている内に、四方八方からドスンドスンと屋根からの落雪の音でMerodyも私もビックリ・・・ドキドキしちゃいます。この落雪の音はやはり真冬とは違う春の雪の音のひとつです。「ドドドドスーン!!」大きな窓の氷柱もわずか数時間で地上に落ちました。

眠かったのに・・・あっという間に目が覚めてしまいました。

春眠暁を覚えずなんて本格的な春はまだまだ先のことのようです。といいつつお昼ご飯を食べたら一気に睡魔が襲ってきそうな午後のこと・・・

外気温マイナス8度。山頂の積雪230㎝。HRCの雪山400㎝以上の雪山より。

追・沼田インターからたんばらスキーパークまでの道のりも雪道になったり凍結していたり、まったく雪が無かったりと日々変化しております。くれぐれも雪山にお越しくださるということを踏まえて安全な装備でお越しくださいませ。

love. YImg_4791




| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

元気の素

Img_5121


列島が涙で一杯になった消えることの無い2011年3月11日。午後2時46分。

自然界は大きな苦しみ悲しみを突き付けました。

Img_5113


昨年の昨日と同じように空からは粉雪が舞い降り、雪山にキャンドルを置き、空を仰ぎ黙祷をいたしました。ただただ祈りました。

Img_5115Img_5136Img_5135
Img_5137Img_5138_3Img_5140
Img_5142
いつもの日曜日のように朝早くから元気な声が聞こえてきました。「おはよう。もう今日帰る日になっちゃった。帰りたくないな。楽しくて・・」「今日のご飯なぁに?昨日から楽しみにしていたんだ。」大切なご家族、恋人達、友達とこのブナの森に佇むHRCのダイニングを共有し時を過ごしていただきながら、ある時は優しい言葉で励まされ、またある時は可愛い笑顔に和み私達はいつも元気の素をいただけておりますことに感謝です。

Img_5129


自然界は大きな喜びと共に優しさ、楽しさも教えてくれます。みなさまのくださる言葉や笑顔がこれからもずっと失われることの無いようにと、このブナの森に住む先住民が安心して飛び回れる自然界が破壊されませんように。そして遠くに住む大切な家族や友人の健康を願い祈りながらまたひとつキャンドルに灯りを灯しました。

日が暮れ辺り一面が真っ暗になった頃「おおっ!雷だ。春が来るんだなぁ。」と彼(オーナー)の一言。そうとはとうてい思えない粉雪を眺め、山里はそろそろフキノトウが顔を見せてくれる頃なのだろうかとちょぴり里(仲間達)が恋しい私なのでありました。

Img_5143


追・妹さんの急な熱で、急きょ帰宅しなければならなくなってしまったYukiちゃんがゲレンデに行けず、帰るギリギリまで弟君と頑張って造ったスノーマン。昨日からずっと雪です。良かった。昨日のうちに撮っておいて・・・元気になってまたHEARTの写真沢山撮ってくださいね。お大事に・・・

love.  YImg_5147_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

Merodyのつぶやき(二度も失敗の巻)

Img_5056


こんにちは。

またまた登場のHRCの愛猫Merody(この春3歳)です。

ダイニングの掃除機途中にLilyさんがチェックアウトなさったお客様をお見送りしている隙を見計らってプライベートルームから厨房のドアがきちんと締まっていないことにシメシメとダイニングに出ちゃいました。

Img_5100

Img_5102
Img_4829_2


いつも「テーブルに乗ったらダメよ。」と叱られるのですが、ニャンともお花の香りがいい匂いで乗った途端にLilyさんが戻ってきちゃいました。ガチャ~ン!!花瓶倒しちゃいました。私、興奮しているわけではないんだけれどいつも尻尾が膨らんでいてその尻尾で倒しちゃったみたい・・でも、Lilyさんたら私の驚き様に叱られるどころか笑ってくれました。そっと抱っこしてくれて床に降ろしてくれて「ビックリしたね。でもテーブルに乗ったらダメよ。いい子していてね。」とビチャビチャになってしまった床を拭きながら「割れなくて良かったね。日光浴でもしていてね。」と少し尻尾についたお水をペロペロ・・・

Img_5095


この間から気になっている、さくらんぼやさんのCちゃんからの贈り物。私の仲間みたいな物体。ユラユラ揺れる首に纏わりついていたらポローン。「あっ~!!!」とLilyさんの声にビックリ。

Img_5108


二度も失敗。踏んだり蹴ったりの私なのでありました。アッ、Lilyさんのお仕事増やして踏んだり蹴ったりはLilyさんのほうよね。パパさん(オーナー)が買い出しから帰ってきて無事に首もつけてくれました。ごめんニャさいの日でした。

でも、私の尻尾。なぜだか皆さんに凄くうけるのよね~。

by.  MerodyImg_5106_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Merodyのつぶやき(雨のち晴れ)

Img_5060


こんにちは。HRCの看板猫Merody(もうすぐ三歳)です。お母さん代わりでいてくれたSeraさんがお空に逝ってしまってからというものなんだか心寂しくてHRCのダイニングに出かけることが多くなりました。

昨日の午後から大雨になって今朝もはよから雨降りで、流石にお客様も「昨日あんな雨の中で滑ったし、今日は群馬サファリパークでも行こうかなぁ~。」と朝ごはん食べた後窓の外の雨を恨めしそうに眺めていたので、サファリパークでは車の中から見てるだけになるだろうしと、気の毒になって少し遊んであげました。(ごめんなさい。遊んでもらいましたです。)

Img_5073
Img_5080
Img_5081


年期入っているけれど、一番のお気に入りの白いシッポ。まだまだ無邪気な私です。

私を喜ばせる遊び方を知ってる女子2名。どっちが飽きるか勝負です。

快晴やこの時期の雪ならば早くお外に出ちゃう人間(お客様)も私になんて振り向いてくれないけれど、雨のおかげで飽きることなく沢山遊んでくれました。

Img_5090


でもでも私と暫く遊んだこの時間のおかげでHRCの雪山の向こうのグレーの空が変わり雲が流れてさっきまで降っていた雨から晴れになっちゃいました。気まぐれな私みたい・・

Img_5082


あ~あ。またまた今日も私を置き去りにみんな寒い白い世界に行ってしまいました。

なんで、あんな冷たくて寒い所がいいのかにゃん?明日は誰が来て遊んでくれるかニャ~!!!

by.  MerodyImg_5085

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

えいどすえ~(eidos de padrinan)

Img_5092_2


毎週毎週雪の中、ワインや日本酒、焼酎、珈琲時々お花までをも配達してくださるT酒店のFさんから「凄くお勧めのワインをどうぞ」と昨年の暮れに頂いたスペインのeidos(正式にはeidos  de padorinan.。エイドスパドリアン?)

ワインを飲むときは特にこだわりを持つ彼(オーナー)。昨日の午後から大雨になってしまい、それでもせっかくのお休みを利用なさってゲレンデで終日滑ってきたお客様も、お食事の時にビールやワインを飲んでくださり、ヘトヘトになって「お休みなさい。」のお声には早すぎる午後8時。有り難いお言葉に甘えさせていただき私達も早々に飲みモードです。といいつつも雰囲気の無い厨房にせめてテーブルクロスだけでもとセッティング。

先日の三河湾のumiちゃんから届いたアサリで、夕べは久々の彼(オーナー)が賄い担当主夫となりました。

Img_5070
Img_5064
Img_5066_2


私は、残り物のパンやマリネをつまみながら、とりあえず乾杯してボンゴレビアンコの出来上がるのを待ちながら、久しぶりのワイン(私はですが)に空腹のせいもあってか、気が緩んだせいか、すでに少しほろ酔い気分でいつもと逆に私が資料を見ながらウンチク。「eidos(エイドス)はブドウ畑のあずまやの意味で、スペインでも海岸線に近い地域のワインでぇ~、ずっと90点の評価で・・・それよりも麺3分の1で具(アサリ)は3倍でお願いします。」などと話しているうちに出来ました。ボンゴレビアンコ!!(いつもはぺペロンチーノなのよね。)大粒のアサリを残しておいて正解。プリップリの食感と、白ワインとアサリのだし汁が最高でした。

Img_5072


キリッと引き締まった感の辛口の中にも柑橘系と柔らかなお花の香りのするこのeidosとアサリ(魚介)の相性はエイドスエ~。あっという間にワインは空っぽ。海三昧に大満足のわずか一時間のプチパーティー。大変おいしゅうございました。

love.  YImg_5050




| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

極上!!!

今シーズンの週末の晴天率はといえば、殆どが雪でした。

Img_5020
Img_5021


が、昨日も今日も極上のゲレンデコンディション。桃の花はまだまだ遠いこの地でも、ほのかにはるか(春香り)おり、ダイニングもほっこりのどかなお節句を終えることが出来ました。

Img_5025
Img_5033
Img_5036


暖かな日差しの中で、ゲレンデに出かける前の準備体操替わりに女子達は、登る滑る登る滑るの繰り返し。記念写真も目を開けていられない程眩しすぎるお日様に照らされてどの顔見てもキラキラ輝いていましたが、約一名パワフルな女子達に勝てず、高すぎる雪山に勇気を出せずに登ることもなくひたすら雪をほじるユウキ君の姿が何とも愛おしくて、誰よりも多くお菓子をポケットに忍ばせてあげました。(イケ男には甘いんだよね。)

Img_5037
Img_5038


お掃除ほぼ終わらせて空腹状態の私。黒猫さんが配達してくれた三河湾のUMIちゃんから届いた海の香り。シッカリと砂抜きもされていて(有り難いことです。)早々ボンゴレランチを期待していたんだけど、パスタ担当の彼(オーナー)はベッドメイクがまだ終わらず、夜までお預けは我慢できなかっので、夕べの残りご飯に作り置きしておいた切干大根と、アサリをサッとだし汁とお酒で蒸して混ぜてまずはやや極上の賄お昼の出来上がり。もちろんアサリのお味噌汁も添えて・・・(美味しかったぁ)

お客様のお夕食も終わりましたので、今夜はいよいよ白ワインのコルクを抜いて彼(オーナー)の腕の振るいどころ。プリップリッのたっぷりのアサリ入りのボンゴレビアンコで極上のアサリに乾杯でボーノボーノといきたいところです。が、まだお腹空かないなぁ~。

love.  YImg_5035_2


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

桃の花一枝に代えて

Img_5012


ひらりひらりと空からゆったりと舞い降りるぽったりとした白い天使達が(雪)が、ブナの森の枝に立ち止まり見る見る間に墨絵の世界に塗り替えてくれました。

「今年も飾ってくれてある?私も飾ってあるよ。お母さんからもらった猫のお雛様。」と娘からのメール。

昔から季節や物事の節目には邪気が入りやすいと考えられていたために邪気払いの行事として老若男女を問わずみんなの幸福を願う行事とされていたのが、現在のひな祭りに変わっていったそうな・・・

Img_5009_2


今年のお雛さまもしっかり雪景色が背景となりました。

そして、大切な方々が健康でいられることを願い(自分の健康も)、自然界が怒らずにいてくれることも願います。

Img_5005


Img_4993


桃の花一枝に代えて、館内は桃色したお花でいっぱいです。明日は楽しいひな祭りになりますように。

love.  YImg_5016



追・玉原スキーパークでは、明日からいちごフェスティバルが開催されるそうです。たんばりんちゃんも明日、お節句にちなんで午後1時からキッズガーデン辺りでお菓子を配って下さるみたいですよ~。HRCも明日は可愛いお子様で賑わいそうです。

Img_4857

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »