« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

山頂の積雪190cm

数日前の大雨。スキー場の雪もHRCの雪山も一気に解けてしまうのではないかしらなどと思いきや、昨日は雪が降りました。寒暖の差が激しい今日この頃です。

Img_3045 Img_3047 それでも、日に日にテラスのブナも、森の木々達も枝の先端がほんのりと色付き始め、間もなく萌黄色の新緑の舞台に変わろうと支度を始めております。が、雪融けからやっと顔を出した紫色の玉咲きの桜草も見えては隠れの繰り返しです。ひとつだけ引っ張り出したストロベリーポットも降り出した雪にまた隠れてしまいそうな山頂の積雪190cm。まだまだ玉原スキーパークは全面滑走可能のスノーワールドとしてゴールデンウィーク終日まで、皆様をお迎えすることが出来そうです。

此処数年前から観光スポットとなっている山里の発地の彼岸桜が今年も頑張って美しい姿で咲きほこってました。雨の中水仙の花達に囲まれたお地蔵さんに「今年も変わらずに美しい桜を見せてくれてありがとう。」と手を合わせてきました。

love.  YImg_2978

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

お日様の力

Img_2957 人間が自在にエネルギーを使用出来ていた一ヶ月前とは違う気持ちで過ごす中、今日はお日様の力が本当に有り難く、日中のHRCのダイニングには日差しが差し込み、暖房無しで過ごせることに感謝です。家の中よりも外の方が温かく感じるテラスのブナ爺さんの傍でお日様の力で私の心と体をサプリメントしてもらいながら真っ青な空を仰ぎ、凝固まっていた体のメンテナンスに少しだけ歩いてきました。3月初旬に歩いたあの場所は、フワフワで歩きにくかった雪面が締まっていて歩きやすいのも、ほんの少しブナの森の木々達が背が高くなっていているのも、5月にいっせいに芽吹く木々たちの枝の先端がほんのりと色を付けてきているのもお日様の力なんだなぁと思いました。

Img_2949

先週末に玉原スキーパークの再開に伴いHRCでも久しぶりにお子様達の笑う声と共に、愛猫Sera(お婆ちゃん猫)も極寒の中暖房も付けてあげることなくお布団の中にうずくまってお布団を暖めていてくれて節電に協力してくれていたにもかかわらずダイニングに参上し、元気で尚且つ人間を元気にしてくれ、だけど此処の所元気なくなって今までよりさらに怖がりで寂びしんぼうのなっていていて心配していたMerody(今月2歳)もお子様達に会えて思う存分遊んで頂けて可愛がってもらって元気が戻って来たような気がいたします。

Img_2970_3

本当は思い切りHRCの庭に聳え立つ雪山でお子様方のお力をお借りしてご一緒させていただきながらあのときのソリコースとシンデレラ城をもう一度再現させる意気込みでおりましたのに体調不良で家の中のお仕事をこなすだけでいっぱいいっぱいとなってしまい実現出来なかったことだけが心残りでした。それでも思い切りゲレンデで体を動かし自然と戯れ大きな声を出してリフレッシュなさり、HRCの館内でたわいの無いことでも笑い合えるそれぞれのお子様達のその笑顔を眺めながら、親御さんが安堵しリラックスなさってくださっているその姿を拝見し私達もとても嬉しかったです。楽しかった思い出が明日の元気の元となってくださるような場所でありたいと思ってます。

ゲレンデの山頂の積雪260cm。HRCの雪山300cm以上健在。

玉原のスノーライフはゴールデンウィークまで続きます。

love.  YImg_2962_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »