« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

謹んで営業再開のご報告をさせていただきます。

Img_2938 Img_2942

3月11日以降、何よりも今大切なのは被害に遭われている方々のことを考えて行動することが1番大切なことと即座に被災者の方の受け入れも出来る範囲で申請させていただきました。この3週間の間にご予約いただいたお客さまに営業自粛のご連絡をさせていただきながら私と彼(オーナー)でこの場所から被災なさっている方々のお気持ちをいつも心に置き、これ以上悲惨な現実から一刻でも早く安心できる生活が出来ますようにと願い、祈り、私達に出来ることをやりながら過ごしてまいりましたが「スキー場がやっていなくても行っても大丈夫?頑張って毎日勉強して高校入学のご褒美にと去年からずっと楽しみにしていた子供達を笑わせてあげたいんだ。」という友人の言葉と同時間ぐらいに玉原スキーパークの営業再開という運び(4月1日)の連絡を昨日頂き、このような未曽有の災害の中で営業をさせていただくことにも本当に悩みましたが、(スキー場も同じお気持ちだと思います。)ハートレストクラブ1959も4月2日(土)から謹んで営業を再開させていただくことを決めました。

「子供達はそこに行っただけで良く食べ、よく笑ってくれてそれを見ているだけで親の私も幸せなんですよ。」「共働きをして普段は毎日がいっぱいいっぱいで、でも日常をしばし忘れさせてくれ、ブナの森でリラックスして、ゲレンデでリフレッシュをさせてもらえるのが楽しみなんですよ。」「たんばらには、いい気が溢れてる。」「辛いときに此処にきて少し幸せに替えることができた。」「また、行ける時美味しいご飯作ってね。」などと、お断りのご連絡をさせていただきながら、逆に励まされ、この3週間更新も出来ずにいたBLOGに毎日のように沢山の方々がご来訪下さっていることも知りました。ありがとうという言葉を何度言っても足りませんが、やはり「ありがとう」の言葉しか今は思い浮かびません。

これまでも、これからも皆様の心を癒してくれるブナの森でお待ちしております。

love.  YImg_2941

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ハートレストクラブより心を込めて。

こうして、私がこのPCの前に座って居られる事に感謝をし、日本列島を覆う計り知れない大自然の驚異で被害に遭われてしまった方々に謹んで災害のお見舞いを申し上げます。

お互いの安否を確認しながら繫がることの出来た家族を始め、沢山の知人友人そしてお客さまの暖かく、心強くなれるお言葉を色々な形でいただきましたことに心より感謝いたします。  

たんばらスキーパークも昨日から安全点検の為休園させていただいております。地震による被害はございませんでしたが、今後の皆様の安全性をまず第一に考え、3月16日まで営業を自粛させていただく運びとなりました。私達もこの先の営業は安全を第一に優先し、今朝も変わらないでいてくれたブナの森の強く、美しく、優しい雪景色の中で元気に走り回るリスやウサギ達と一緒に安心して皆様がご来訪くださる日が一日でも早く来ることを願っております。

ハートレストクラブより心を込めて。

love.  Y

追・帰宅出来ないで不安な時を過ごしていた娘(職場のお仲間)達を東京の大渋滞の道路を自転車で走り迎えに来てくださり、暖かいお布団までを運んでお部屋を提供して下さったFurugouriのご家族様、床の上で眠り夜を過ごすことを察知して手配してくれたMちゃんに心よりお礼申し上げます。

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

Bravo!!!

Img_2808 週末日曜と3月とは思えないほどのパウダースノーとお日様がスキーパーク&HRCへご来訪くださいましたお客さまを迎えてくれました。金曜日までのマイナス10℃近い外気温とHRCのダイニングの温度差でできた大きな窓の氷柱も太陽の日差しを受けてキラキラ輝いての日曜の朝でした。

Img_2818 Img_2810 Img_2817 Img_2824 Img_2823

「ありがとね。」「又来るね。」「楽しんで。」「気持ちいいな。」「スキー上手になるかなぁ」とお別れを惜しみ、館内に戻りいつも通りにお掃除や仕込みを終わらせて遅い午後となってしまいましたが、日焼け止め(久しぶり!!)をバッチリ付けて、ゲレンデへ出かけました。

Img_2829 3月6日上村愛子選手のスキーレッスン&雪上雪合戦大会(限定20名のお子様)がまだ開催されているかなぁと思いながらファミリーゲレンデに出かけてみましたが、たんばらスキーパークのたんばりん君と盛り上がっているイベントは大人気のちびっ子宝探し大会ではなくて大人の方の為の宝探し大会の会場でした。やっぱりもう終わってしまったのかなぁ・・・と残念な気持ちを抑えながら、せっかくだからゲレンデの中からHRCに帰ろうと歩くファミリーゲレンデで(初心者の方には最高なバーンです。)HRCにお泊り下さったスキーデビューのKさんファミリーと遭遇しました。午前中のスキースクールのレッスンでもうしっかりと滑れるようになっていました。(凄い。パチパチ。)初めての方に特に人気の高い親切丁寧なスキースクールのレッスンはさすがだなぁと感心し第3ペアリフト脇でにイベントらしきものを発見しました。

Img_2837

間に合いました!!限定20人参加という貴重なお子様がゼッケンを付けて5人6脚競争をしていました。(羨ましすぎる。)上村愛子さんも一緒にショートボブにした髪をなびかせながら(めちゃくちゃ冷たい北風にもめげずに・・)満面な笑顔で会場を盛り上げてくれていました。設営のテントが飛んでいきそうなくらいの風の中テントのポールを押さえながらスキーパークの総括のWさんが、「中に入って写真撮ってもいいよ」と言って下さいましたが、ガードが硬い(当たり前)し、プレスの腕章も無いし、といいつつ、一眼レフで(望遠)で撮らせていただきました。可愛いくて綺麗に磨きがかかった愛子さんスマイルはblogの中でお見せすることは出来ませんが、勘違いしているファンが「目が合った。」と大喜びしているのと同じで、私も勘違いも甚だしいですがしっかりと目線を私に向けてくれた感の一枚を撮ることが出来ました。行って良かったです。お会いできて本当に良かったです。今までの15年間殆んどレースのことばかり考えて過ごしてきたはずの上村愛子さん。3年後のロシアのソチで滑ってとか飛んでなどと贅沢なことは言いません。今まで出来なかった分暫くは楽しいスノーライフだけを過ごして欲しいなぁとしみじみ思いました。

Img_2828 Img_2875 渡せるか渡せないかもわからないブーケも、書いてもらえるかもらえないかもわからないサインも公式写真集のエアーのページに「BravoSki」の気さくで楽しい編集長Nさんのお蔭で叶いました。そして何よりもNさんの携帯電話であの大好きな写真家Wさんの10数年ぶりの懐かしい声を聞かせてもらうことが出来て数分間ではありましたが昔を懐かしみ、全盛期だったスキー業界のあの頃に戻りタイムスリップさせてもらえました。本当にありがとうございました。

Bravo!!!愛子さん。Bravo!!!Nさん。Bravo!!!!たんばらスキーパーク。

love.  Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雛祭り寒波

Img_2783 Img_2785

昨日からマイナス10℃が続いております。空からは白い天使達が元気よく風と共に舞い降りて魔法をかけてくれたかのように白銀の世界となり、今朝も「いやぁ、しかしよく降ったよ。最高な雪だなぁ」と言いながら彼(オーナー)は除雪に大忙しでした。

もう今シーズンはあの1月や2月の寒い日の大自然が造り上げてくれる景色(氷柱や粉雪)とは出会えることが無いのかもしれないなぁなどと先週のポカポカお天気続きの時「やっぱり、太陽は自然界の神様だ!!」などと浮かれておりましたが、またまたこの景色に出会えての雛祭り寒波でした。群馬県では、3月3日にお節句をいたします。この地もれっきとした群馬県ですが、娘の嫁入りが遅くなるかもしれないけれどゆっくりじっくりと春が到来してくるたんばらの春を待ちわびながら、春休みが終わる頃里山で桃の花が咲くまで今年もお雛様を飾っておくことにいたします。

スキーパークの山頂の積雪も300cmに戻り、HRCの雪山もいっそう高くなりました。

Img_2789 Img_2791 Img_2792

お掃除も終わり、BGMは、大好きなBETTE MIDOLERの「GREATEST HITS」この中のThe Rose最高です。今週は桃色な感じでお花を飾りながら、まずは昨日仕入れた苺で春を感じながらジャム作りから仕込み開始いたします。

love.  YImg_2786

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

桃の花一枝に代えて

Img_2742

真冬に逆戻りのお節句となりました。彼(オーナー)はお客さまの朝食を出し終えてすぐに玄関のドアから無き道を作り、除雪機へ向い30cm程積もった粉雪と奮闘です。(外気温マイナス12℃)です。

Img_2732

早朝、まだ薄暗い中、昨年の秋に他界してしまった亡き母が娘の為に24年前に購入してくれたお雛様にキャンドルを灯しました。7つのキャンドルに祈りを込めながら・・・

Img_2738 Img_2748 Img_2747 Img_2768

桃の花一枝に代えて、これからご来訪下さるスキーデビューをなさるお子様たちに雛あられの代わりに、粉雪をプレゼントさせていただきます。

ハートレストクラブより心を込めて。

love.  YImg_2731

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

乾いた心に・・

Img_2706

昨日毎年Yさんから届くRUNAの付き暦のカレンダーの3枚目をめくりました。2月があっという間に終わり、3月の月の始まりです。綿雪のような餅雪のようなぼたん雪のような春の雪が空から舞い降り、マイナス4度の朝を迎えました。HRCの雪山のシンデレラ城物語も沢山のお子様が造ってくれた雪のHEARTもすっかりと消えて思い出に変わってしまいましたが、又新たな物語が始まりそうな週末を迎えることになりそうです。

Img_2710 Img_2713 Img_2712

HRCのダインニングは冬の間中24時間暖房を止めることがありません。そんな乾いた空間に沢山のグリーンがぐったりとしながら、時折「乾いてるよ。」と教えてくれます。乾いた心にも、乾いた空気にも大活躍して潤いを与えてくれるグリーンのHEARTの葉っぱ達に感謝しながら、今日も美味しいたんばらのお水をあげました。日の入らない場所にも少しだけ日が延びて今日も新しいHEARTの形をした緑色の命が産まれている姿に感動です。ずっとずっと雪のように白い花を咲かせていてくれたHappy’s Gardenのさっちゃんの「ピュアホワイト」のシクラメンも花よりも葉っぱのHEARTが元気となり、少しずつではありますが春を予感させてくれます。(環境の悪い中で本当に頑張ってくれています。)

Img_2725

たんばらスキーパークの山頂の積雪290cm。まだまだスキーパークは元気に活躍中です。暖房が必要となくなる5月の中旬の緑色に包まれたブナの森の芽吹きが少し恋しくなりかけながら窓から今日も1日雪だろう景色を眺め、ユーミンの「春よ来い」を口ずさんでおります。

love.  YImg_2719

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »