« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ブルーべりーべりーべりーな1日

W.Cupのサムライブルーの鳥肌が立つPK戦に涙を流し、なかなか寝付けなかった早朝のTVのテロップに利根、沼田大雨警報が流れてはいたのですが、林檎やさんのJちゃんから、「はっきりしないお天気がこれからも続きそうだから、今日思い切ってつがるの袋かけしようと思うんだけれど、時間ある~??ズブ濡れ覚悟で着替えも持って来てね。」とメールがあり、私がくよくよしていたところで始まらないし、サッカーフリークの彼(オーナー)のガッカリしたため息連発の傍にもいたくないしで、サムライブルーの健闘を称え気持ちを切り替え気分を一新する為にも一生懸命に大きくなろうとしている林檎の傍で黙々と作業をしているほうがきっといいはずと、ずぶ濡れ覚悟で下山しました。

HRCの畑に立ち寄り、先日初収穫したブルーベリーから又新たに紫色した収穫OKのブルーベリーを手のひら一杯摘み終えてから、林檎やさんに到着しました。小雨降る中、林檎やさんのJちゃんがサムライブルーのユニホームを着て「これ着て応援していたんだけど、残念だったね。でも凄かった、感動したね。」と本来は高校球児2人と中学生になった娘Nanaちゃんも野球部で活躍の5児のママでもあるJちゃん(下の子2人は今のところ野球はしていないけれど・・)は、サッカーには殆んど興味がなかったけれど此処の所やたらとサッカーの話をする私に気を使ってくれ、優しく迎えてくれました。

Img_7181

林檎の袋掛けも3時のおやつの時間頃にはほぼ終了することが出来、大雨警報どころかずぶ濡れになることもなく午後からは真夏のような空に変わり、むしろ汗だくでした。「野球留学している寮生活のRがブルーベリーのジャムを食べたいって言っているんだけど、作ってくれる?」とJちゃんのリクエストに応える為に、HRCの畑の何十倍のブルーベリーの畑を持つ林檎やさんの広大な畑で、たわいの無い話をしながらジャム用にブルーベリーを摘み取り(朝HRCの畑で摘んだ10倍くらいの量)、その後シクラメンでお馴染みのHappy’s Gardenのさっちゃんに用があり昭和村まで足を延ばし、日の暮れかかった涼風の中、これまたHRCの畑の何倍もあるブルーベリーの畑で「一緒にブルーべりー摘もうよ。」と花より団子(ブルーベリー)状態となり、Jちゃんのところで摘んだくらいの量でたわいの無い話も、摘み取りもきりが無いのでストップして帰宅しました。(せっかく会えたから、本当はもっと居たかったんだけど・・)

Img_7176_2 今晩の夕食はありあわせ。超手抜きで勘弁してもらいました。メインは納豆ご飯。作り置きしておいた筍の煮物。味噌汁。食べてる間にジャムを煮て、本日私の兄から届いた柴又帝釈天の石井さん家のあぶり和三盆の米米ロールケーキ(TVで放映されていて食べたかったのです。)を出来立ての熱々のブルーベリーのジャムと摘みたてのブルーべりーをトッピングして物足りない夕食だったはずの彼(オーナー)のご機嫌をとり、HRCのちょこっとのベリーと、Jちゃんとこのべりーと、さっちゃんとこのべりーを合体させながら煮上がったジャムを食べ、ブルーな気持ちだったはずの彼(オーナー)もご機嫌となりブルーべりーべりーべりーな1日は終わりました。

ちなみにブルーべりーの花言葉は、「好意」「信頼」「思いやり」。今日はJちゃん&さっちゃんのお蔭で今年初のブルーべりーのジャムがやけに愛おしく美味しく感じられました。

love.  Y

W.Cupの優勝国を予想していた彼(オーナー)の国がベスト8に残っています。まだまだ寝不足が続きそうです。ちなみに私の予想していたクリスチーヌ.ロナウドの国は彼(オーナー)の予想している国に負けてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

たんばらラベンダーパークオープンしました。

快晴とはいえない梅雨の真っ只中、ラベンダーパークは開園の運びとなりました。

まだまだ見頃には程遠いのですが、昨日も今日もパークの駐車場は沢山の車で賑わっていました。たんばらにはとても貴重なグリーンシーズンの到来です。天候も怪しい中、夏リフトも運行していていました。午後から雨になったり、薄日が差したりと、コロコロ変わるお天気で昨夜楽しみにしていた満月も結局は見ることが出来ませんでしたが、星にも月にも詳しいSUPICAさんから満月の夜は浄化。ブルーの紙に不要なことや要らない物を書いて破るか丸めるかして捨てると気持ちがすっきりすると聞いていたので、残念ながら生憎の雨となり、肉眼では見えはしませんでしたが、月が登る空を眺めながら、ブルーの紙を破りました。(何を捨てようとしたかは秘密です。)

  Img_7150_2 Img_7158_3  

梅雨入りしたときは、梅雨とは思えないほどお天気が良かったのですが、ここに来てやはり本格的な梅雨となってしまったようです。雨が降ったかと思えば急に最高な日差しがブナの森の緑を輝かせてくれたりと不安定なお天気の日は、お友達から譲ってもらったラベンダーでバンドルズを編みながら、(フレッシュなときにしか編みこめないのがこのバンドルズなのです。)なかなかゆっくりと一緒に過ごせないでいた愛猫二匹もずっと傍に居てくれてラベンダーの香りと、時折眩しいくらいに大きな窓に差し込む日差しの中で気分良く(多分)過ごしている姿を見ているだけで癒されてしまいます。HRCの畑で採れた初収穫のブルーベリーをつまみながら、「雨の日には雨の日を・・風の日には風の日を・・」と本当は梅雨の時期が苦手な私はそんなことを口にしながら、老眼鏡を付けては編み、はずしては窓の外のブナの森を眺め、梅雨明けした高原の風とラベンダーの香りに包まれ、パークに一面紫色の絨毯を夢見て、私自身のHEART REST TIMEを過ごしたのでありました。

Img_7166_5

そこで、ラベンダーバンドルズって何?のご質問にちょこっと・・・

バンドルズとは包み物、束の意味。

南プロバンスでは、19世紀に入ってから色とりどりのリボンを織り込んで嫁ぐ娘に母が婚礼支度のひとつとして持たせたという説があるそうです。なんだか素敵ですよね。

今シーズンもHRCにご予約の皆様にラベンダーパークの入場券をプレゼントさせていただきます。ラベンダーの見頃は7月の中旬から8月の初旬と予想しておりますが、他にも沢山の花達が皆様のお越しをお待ちしております。

love.  YImg_7174

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010・たんばらラベンダーパーク開園まであと2日・・

ハーブ&ポプリのK先生と、まだ開園していない(実際にはプレオープンしていましたが・・)ラベンダーパークにお邪魔してきました。

Img_7108 梅雨の晴れ間の真っ青な空と本当に心地よい風は、梅雨時の沈みがちになる心を吹き飛ばしてくれます。異常気象のせいもあり、少しばかり今年もラベンダーの開花は遅いかもしれませんが、長い冬を越えたラベンダー達は、空に向って花芽を膨らませていました。その中に一輪だけ紫色をしたラベンダーを発見!!他のラベンダーも日に日に紫色となり、お越し下さるお客様の目に止まることになり、喜ばせてくれることでしょう。

ラベンダーパークのスタッフさんは、オープン準備に勢力を上げていました。ショップの中もスキーパークの時とは様変わりしていて、紫色に統一されたお土産が綺麗に並べられていました。綺麗!美味しそう!!可愛い!!!が揃ってました。まだまだラベンダーの開花には(見頃は7月中旬~8月中旬かな??)時間がかかりそうですが、楽しみにしていてください。きっと自然の力とパークのスタッフさんの力で紫色の絨毯で埋め尽くしてくれるはずですから・・・現在見頃はショップの中のスタッフさんの気持ちの良い笑顔と紫色に統一されたお土産です。(笑)

Img_7145 Img_7143_2 

いよいよラベンダーパーク開園まであと2日となりました。詳しくはラベンダーパークのHPをご覧下さいませ。

今年もHRCにお泊りの皆様にラベンダーの入場券をプレゼントさせていただきます。

love.  YImg_7147

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏至です。

Img_7095 今日は1年の中で日照時間が1番長い夏至の日です。午前中から午後にかけてHRCから車で10分ほど下山した畑で汗びっしょりかいて草むしりをしてきました。遅霜や、季節はずれの雪そして低温だった4月~5月でしたので、厳しい冬を越えられるかと心配していたブルーベリーもたわわに実っていてくれて、まだ何粒かですが紫に色を変えてくれていたことに幸せを感じながら帰宅しました。ゴールデンウィーク過ぎてからの慌てない(慌てられないのが現状)畑仕事のおかげでしょうか?種を遅く蒔いたお蔭で今のところ全てが順調のようです。が雑草も元気すぎるくらい元気でした。

Img_7099

帰宅してから1時間ほどたつとスコールとなり、夕方の風はとても爽やかで(冷たすぎるくらいです)雨が降った後のテラスのブナは木肌の苔や、透き通った葉っぱがキラキラしていてとても美しく輝いてくれていました。夏至の日は植物のエネルギーが最高に高まるということなので、私も自然界に生きている逞しい植物や、木々にあやかりたいと、暫く空を緑を仰ぎ、ウインターシーズンの雪降る日の時の短さに時折、切なさと焦りを感じていたことを懐かしく思いながら、ようやく秋に収穫予定の林檎やさんの摘果作業も終了した私は、妖精の世界と人間の世界がとても近くなるという神話を信じたくなるような梅雨の晴れ間の夏至の日を心も体もユルユルとしてくるようなそんな心地よい長い日中を過ごし、今宵は連日寝不足気味でW.Cup三昧で雄たけびを上げている彼(オーナー)の解説付きの中で、勝ち負け気にせず(私だけですが)ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドに魅了されながら、素敵な1日が終わること間違いないです。(笑)

love.  YImg_7091 Img_7134

追1・私達にワインの素晴らしさを教えてくれたT酒店のYさんの命日でもある夏至の今日。今では殆んど呑まなくなった私も今日は彼(オーナー)に付き合ってYさんが残してくれた年代物のワインを飲みながら彼(オーナー)と思い出に浸ります。

追2・夏至にも七草(おかゆには出来ませんが・・)があるそうで、この時期に咲いているお花(特にどの花なんて決め付けないで)を誰にも言わずそっと枕の下に敷いて寝ると未来の旦那様に夢の中で会えるらしいんです。今晩やってみよっと・・いったい誰が夢に出てくるんだろう??

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

こっそりとさくらんぼ開園ですのお知らせです。

今年の天候不順で、未だ終了の予定の林檎やさんの摘果作業もなかなかはかどらず、今朝もようやく鳴き始めたエゾハルゼミの合唱も聞こえず大雨で朝を迎えました。が、信じられないくらいの晴天となり林檎やさんのJちゃんから「来れる~?」とメールがありいつもより1時間遅れながら下山しました。

Img_3621 さくらんぼやさんのCちゃんは、私よりも17歳も年下のこの春中学1年生になった双子のRIKO&RINOちゃんのママで、林檎やさんでは最高な私の相棒(コンビ)でもあります。IPOTで良い曲(HRCではめったに聞かないJPOP)流してくれるし(笑)パーフェクトな仕事ぶりだし(笑)、優しいし、面白いしで、常夏のjジャングルみたいな畑の中でも、とても楽しくて、ハードな仕事も乗り切れるのは、Cちゃんのおかげでもあります。そんなCちゃんからこっそりとさくらんぼの開園のお知らせをいただきました。何故今年はこっそりなのかといいますと、この辺りでは、あまりにも人気のあるさくらんぼやさんで本当は大々的に皆様にお知らせしたいところなのですが、今年は天候不順で例年の半分くらいしか収穫できないかも~と言ってたので、あっという間に完売してしまう人気のさくらんぼやさんの宣伝は控えめにこそこそっとして、W-Cupの応援歌を歌っているEXILEのメインボーカルのAさん大好きのCちゃん(RIKO&RINOちゃんの影響だと思いますが・・)の宣伝をメインにしておきます。とりあえず今週末(19日)からさくらんぼやさんは開園するそうです。なくなり次第終了ですが、(当たり前かぁ)今年はあっという間に終了してしまうかもですよ~!!

love.  YImg_3618

追・母娘共々、EXILEのファンでもあるさくらんぼやさんですので、お土産には是非EXILEのメンバーをお持ちくだされば、きっと今年貴重なさくらんぼを無料で食べ放題してくれますよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

下弦の月と一緒に・・・

五月も終わり、あっという間に六月です。テラスに住むHRCのブナ爺さんも元気です。

Img_7049

彼(オーナー)の親友のS君とゲレンデを早朝散歩した五月の半ばのときには、まだたっぷりの雪があり五月晴れなのに風はとても冷たくて、ブナの森は芽吹きも遅く、その後季節は急ぎ足で帳尻を合わせるかのように、一気に春から初夏に様変わりして、昼間の青い空に浮かぶ入道雲は、お約束のように夕方になると雷雨という日々が続いています。

Img_7055そして此処の所毎朝西に下弦の月が真っ青な空にぽっかりと美しく浮かんでくれています。全てが芽吹いたブナの森を久しぶりにウィンターシーズンではおなじみの○○百貨店のSSの会の皆様と二時間ほどテクテクお散歩をしてきました。今回は清里に住む元気な妊婦さんのSちゃんが、今月出産予定でもあり、歩調を合わせて、全てがゆったりの贅沢な時間をご一緒させていただきました。ウィンタシーズンが終わったばかりなのに、「あ~、早く雪降らないかなぁ。」とゲレンデを眺めSSの会の会長のKさんの発言には驚きました。

love.  YImg_7056_2 

追・満ちては欠け、欠けては満ちる月は、人間の体と心の状態を知るきっかけになり、特に女性である私達の大切な健康のバロメーターにもなります。(なるそうです)

ちなみに下弦の月は心身のメンテナンスに向いている時期でもあり、頑張り過ぎたり、無理をするのは禁物ということもあって、下弦の月に見守られながら、間もなくオープンするラベンダーパーク(冬はゲレンデ)を独占出来、大いなる森に抱かれゆっくり歩き、幻の林檎と呼ばれる名月の仕上摘果作業に苦戦していた私にとって、とても良い吉日(休日)となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »