« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

発地の彼岸桜

連日小雪が降ったり、寒い日が続いた1週間でしたが、久しぶりに抜けるような青い空を見た気がします。玉原から車で15分程ほど下りた所に、私がお世話になっている林檎やさんがあります。先週の火曜日に私達の友人夫婦がこの辺りに咲く発地の彼岸桜(樹齢400年??)を見にきたときは、まだ3分咲きで寒くて寒くて桜も縮こまっていましたが、きっと今頃が見頃ではないかと思い、ゲレンデではスキーやボードを楽しんでいる様子を横目に少々ドライブしてきました。

Img_6833 日曜日、それも久しぶりの快晴も重なり、その上新聞にも取り上げられたせいなのか、驚くほど道にはビッチリの車が止まっていました。林檎やさんのおじいちゃんが売店で林檎の作業の休憩中で「山からおりてきたんか?お茶でも飲もうや。今朝はさむかっったっぺ。霜が降りたよ。しかし凄い車だなぁ。林檎の時期より渋滞してらぁ」と笑いながら、梅の花が咲いた頃は霜が降りたり、異常な寒さで今年は不作だとか、林檎の花はゴールデンウィークが終わる頃には丁度いいし、今のところ花も遅れているので被害もないなどと話をしてくれていると、桜を目当てに次から次に車が止まり、写真を撮る気にもならず4月の始めにメールで「お花が咲き始めたから摘みに来てね。」と娘の幼なじみのお母さんの所(すぐ近くの林檎やさん)に行き、お庭の花を眺めながら縁側に座り、黒猫ジジ君と戯れのんびりと近況報告をしながら、春を感じていると、偶然自転車に乗って気持ち良さそうに走っている林檎やさんのNAZUちゃんが通りかかり、「公園行こう!!」と誘われ、あまりにもの心地よい風と、NAZUちゃんの誘いに負け二時間ほど遊んでしまいました。(遊ばせてもらいましたです)

Img_6842 そうこうしている内に夕方となり、そろそろ人気も無くなったかと思いきや、発地の彼岸桜の辺りはまだまだ車がありましたが、高台にある彼岸桜が日が沈みかける太陽に照らされてあまりにも綺麗だったのでやはり傍まで行って写真を撮りたいなぁと思い空を仰ぐと、もうすぐ満月となるお月様も青い空にポッカリと浮かびそれはそれは最高な一枚を別に持っていったこのBLOGではお披露目することがぢきませんが、一眼レフカメラに収めることが出来、すっかり春の陽気で自分も陽気になり帰宅したHRCの脇の林の向こうはまだまだ雪景色で我に返ってしまったのでありました。

love.  Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ことしのG・Wは?

毎日ニュースで取り上げられている、今年の異常な温度差で、暖かな日は長い冬を越えて雪融けした場所から水芭蕉が見れたと喜んでいる日もあれば、昨日のように雪が降る日もあり、気温はマイナスを示し徐々に北上してしている里山の桜も咲きそうで咲かないといった日々を繰り返しています。

Img_6815 今年のG・Wはいったいどのような景色で(山道の景色)お客様を迎えてくれるのかは、自然界だけが知るのでしょうが、なんとも不思議な日々を繰り返す毎日を過ごしております。

Img_6819 道中で、新緑の眩しさややっと咲き始めてくれた桜を目に焼付けながら、やはり積雪2メートルを保つゲレンデで思う存分2010年のウィンターシーズンをお楽しみいただくことが1番良いのかなぁと思わせる、本日もとても寒い朝を迎えながら、今日は何を着てどうやって過ごそうかと悩む私なのであります。

love.  YImg_6809

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Sera の独り言(Merody1歳になりました)

Img_6604まさか今日のような日が私の生活から予想することも出来ませんでしたが、パパさんや、Lilyさんが、お仕事をしていても寂しいニャ~とか思うことがまったくなくなりました。

 

去年の五月の雨の夜、Lilyさんのお友達のMちゃんが連れてきたチビ怪獣のMerodyのおかげでもあります。本当に最初は怖くて怖くてどうしようもなく嫌だったのだけれど、今ではMerodyなしの生活は考えられないほどの大きな存在となり(体も・・・)、HRCでも人見知りの私に代わってお客様に愛想を振り撒いて、自慢のシッポをピンと立て飛んだり、跳ねたりの毎日を、遠目ながら見守っている次第です。

Img_6743_2

そんなMerodyが1歳になりました。春が来てしまったようで、どうやら私では役不足。

お仕事終えて早くLilyさん、なんとかしてあげて~。

Img_6620

by.  Sera

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

桜じゃなくて雪です。

早朝から彼(オーナー)は、除雪作業です。

Img_6777

昨日買い出しに出かけた彼(オーナー)は、やはり高騰していたお野菜にため息と、沼田市内で咲き誇る桜を見てのため息のふたつを持ち帰ってきました。沼田インターから30分(17k)の場所に玉原スキーパークがあるわけなのですが、こんなにも違った景色を楽しむことができる時期でもあります。 

Img_6769_3 Img_6770_2

昨夜もお客様からのお問い合わせで、「ノーマルタイヤでは無理ですか?」とか、「雪は降っていますか?」とのお電話をいただきましたが、本日封切りの映画でジョニーディップがワンダーランドならば、沼田インター降りての桜から魔法にかかったように雪に変わる玉原はスノーランドとなり皆様を「わぁー!!」と感動させてくれるようなそれはそれは美しい雪景色です。が、皆さまが無事に到着してくださることを祈っております。

love. YImg_6775

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

冬に逆戻りです。

4月のカレンダーも折り返し地点です。2日ほど前、T酒店のFさんのメールで「公園の御殿桜が満開だよ。」と知らされてワクワクしていたのですが、今朝お客様が「まさかこんなに寒いとは思いませんでした。東京はすっかり葉桜なのに・・寒すぎてすべりに行くのをためらってしまいそう。」と小雪舞い散るマイナス2度の空を眺めながらポカポカお天気の春スキーを楽しみにいらっしゃったはずのお客様方に「本来スキーをなさる方ならこの時期に雪が降ることを大喜びするはずなんですけれど、20度を越える陽気を体験してしまうと流石に寒い!!が先に出てしまいますよね。ユルユルのバーンもこの寒さでガチガチになっているかと思われますので、どうぞお怪我なさらないで楽しくラストスキーをなさって行かれてくださいね。お帰りには是非樹齢400年を越えた沼田の御殿桜をご覧になってお帰り下さいね。」とお見送りをして、HRCの駐車場にあるはずのふきのとうを収穫しようと思い外に出てみましたが、またまた白い雪に隠れてしまっていました。冬に逆戻りです。

Img_6749Img_6730 Img_6731

ニュースでもしきりにお野菜の高騰が取り上げられています。レタスにきゅうり、アスパラ、ブロッコリー、トマトetc・・・彼(オーナー)が明日買い出しに出かけ頭を悩ませ、ため息つく姿が目に浮かびます。

お越し下さるお客様。滑るのはゲレンデだけでどうぞ道中のカーブで滑りませぬよう心よりお祈りしております。もしくは車のエアコンつけるくらいポカポカのお天気になりゲレンデトップで日光浴なんてこともありえる、自然界だけが知っている猫の目のようなお天気にまどわされないように万全な態勢でお越しくださいませ。

love.  Y

追・どうやらHRCの愛猫Sera&Merody達だけには春が来てしまったようで、朝からナヤマシイ声で歌を唄ってくれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2550m滑りました。

今週から新学期を迎えるみなさん、おめでとうございます。

Img_6680_3

  林檎やさんのNAZUちゃん(3年生になりました。)も去年ゲレンデデビューを果たし、今シーズンも楽しみにこの日を待っていました。早朝からやる気になってまずは、第一リフトのファミリーコースで足慣らしをして、第3ペアリフトに挑戦しようと思いましたが、何故かリフトが止まっていて急遽第二の高速クワッドに乗り、全長2550mのウッディコースに挑戦しました。というわけで私もNAZUちゃんのお蔭で10数年ぶりにテッペンまで来てしまいました。最大斜度15°で平均斜度は7°な緩斜面なのですが、流石に周りの壮大な景色を見て自分が物凄く高いところまで来てしまったことに焦りと恐怖を感じてしまったNAZUちゃんでしたが、今回は彼(オーナー)も同行してくれたので前と後ろでNAZUちゃんのサポートしながら、ゆっくりゆっくりと2550mをプルークをしながら、大人の私達はこのゆっくり感と春の雪の重たさが足に堪えましたが、昨日のジュニア大会のバーンは誰一人も居なかったので思いきりスピードあげながら滑りゴールしました。

Img_6692_3 Img_6693_2今年からシニア券のお仲間入りをした私。今シーズンこそはきちんと板をつけてゲレンデに再デビューを目標にしていた私もNAZUちゃんのお蔭でリフトに10回も乗り、怪我もなく無事に果たすことが出来ました。

一足早くHRCに帰った彼(オーナー)はすでに足が痛いとか膝が笑っているとかいってましたが、私は明日になってそんなことをいう羽目になるかと思うと今から不安です。

love.  YImg_6699

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

玉原ジュニアCUP第一戦終了!!

Img_6676 心地よいポカポカお天気となり、玉原ジュニアCUP第一戦が終了いたしました。

今回も去年に引き続いてのエントリーをし、HRCに宿泊してくださったお子様が、果敢に攻めました。緩斜面のレースでありながらも、ピタピタのワンピを着てスーパーマンのような姿を見ているとこれはもうなかなかのものでありました。

玉原ジュニア大会として大人気で、エントリー数も280人という大盛況でしたが、ここ数年お子様だけではなく、パパの部&ママの部というのもあり、これがまた白熱してお子様よりも緊迫した感を漂わせ、お腹が少し出てきたパパ&ママのワンピース姿ではありますがかなりのレベルでフィニッシュ後のタイムを気にしながら、「今回はお前に勝ったぜ。」などと大人同士のライバル意識も高く、そしてお互いの滑りを称えあっている姿が印象的でした。

Img_6668 Img_6672_2

何はともあれ、今年もやってくれました。普段はホンワカノンビリヤさんのTAKEMI君が、低学年の部で、去年に引き続きダントツ優勝でした。昨夜は、高学年の部に参加した☆君とHRCの愛猫二匹と戯れニャンニャンしていたけれど、「大会ではワンワンだよ。」とダブルの優勝を願っていましたが、☆君はレース前の約1週間ケニヤに旅行をしていたせいか、本調子ではなかったようで残念でしたが、来年は優勝しますと約束をしてくれました。また、双子のI兄弟も、Y君も、今年最後のジュニアCUPを、去年よりひと回りもふた周りも堂々たる滑りでフィニッシュする姿を観戦することが出来本当に感激でした。

Img_6673_2

悔やまれるのはいつもより大会が時間より早く進みすぎて、優勝したTAKEMI君の滑りを観戦することができなかったので、HRCに戻る道のりもなんとなく消化不良でしたが、閉会式を終えたTAKEMI君がわざわざ金メダルをみせにきてくれ、ママが撮ったビデオでTAKEMI君の果敢で、華麗な滑りを観戦することが出来て、私の玉原ジュニアCUP第一戦も無事に終わらせることができました。

再来週は第2戦が始まります。サッカーの公式戦が始まり第2戦に出場できないTAKEMI君がエントリーしませんので、どなたか金メダルのチャンスですよ~!!

Img_6679 love.  Y

追・家族4人全員でエントリーした、Eファミリー再来週の第2戦もがんばってくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »