« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

歳の差60

今年二度目の満月の夜が明けました。

先週の平日は、東京を拠点に、遠く広島から飛行機に乗ってだったり、山形(実家)から戻られたばかりだったり、鹿児島(実家)から遊びに来ているお母様にお留守番をお願いしてと、遠路遥々玉原に集合のシニアの会の皆さんの3日間は寒暖の差が激しく、吹雪からこの上ないほどの快晴そしてかろうじて雨にならず霙交じりと流石に還暦過ぎた人生の達人だけあって、どんな自然界の変化の中でも平然となおかつ果敢にゲレンデで滑り(後姿はまるで二十代にしか見えません。)夜はHRCの空間でスノーライフを過ごされ、私達も郷土の名産物をお土産にいただきながら、何とかHRC流のお料理の中の食材に導入して楽しませてもらい、又あらたなメニューが誕生し??、耳をダンボにしながら、滑りの技術や、健康管理、お料理のレシピetcを学ばせていただき、パワーまでもをいただき、名残惜しくも宅配便の15個口の荷物の行方を確認しながら(次は長野かぁ。この荷物は広島。この方達の荷物は再来週北海道だぁ。)と週末に突入しました。

宅配便の荷物と引換えに週末はまたまたゲレンデデビューのお子様が来訪でした。今年に入って二日間晴天の週末を迎えられたのは始めてで、お子様達はテンション高く、興奮して熱を出してしまう子もいるくらいでした。3歳のMちゃんのママはダイエットにとスキーをせずひたすらキッズガーデンで、Mちゃんとソリ三昧。(これかなり聴きます。)8年前に恋人同士だった2人が5歳のお子さんを連れて、ゲレンデ再デビューだったりと不安な気持ちが開放的な青い空のお蔭でのびのびと過ごすことが出来て良かった良かった。

明日はまたまた3歳のMちゃんと歳の差60??ほどになる方々の来訪。(句会です。)今日との温度差はいったいどれくらいになるのだろうかと、温度計(只今プラス5度)を眺めながら、出来るならばそろそろ硬く締まったHRCの雪山に、フワフワした白い天使たちが舞い降りてきてくれたら、きっといい句会ができるのだろうとすごろくの振り出しに戻ったきもちでお掃除始めます。

明日も私の耳はダンボのようになり、住んでいる私達には気づかない発見をさせてくれることになることと思います。

love. Y

追・なんだか不思議。今日お帰りになられたお客様も遠路遥々広島からでした。Nちゃん、また広島お好み焼きで話しが盛り上がったよ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

爆弾低気圧じゃなくて良かったです。

この週末は、ここ何年か恒例となっている横浜の常連さんの友達の友達は皆友達のようなつながり関係が微妙に面白い貸切でした。なんてったって二年前の爆弾低気圧を体験したことのある皆さん(全員ではないけれど)。「雪降っているけれど今回はやさしい雪に感じるね。」と二日連続の雪模様も苦にすることなく、思ったよりもゲレンデはリフト待ちも無かったし、いい雪で気持ちよく滑れたとお聞きし、心配していた強烈な冬型の天気にはならないで済み私も安堵いたしました。今年も真っ赤なミニクーパーでいらっしゃった私達の憧れのご夫妻も白いミニクーパーにならずに済み、皆さんより少し早めにさよならをし、その後入れ替わり立ち代り時間差攻撃のように下山して行かれる皆さんを見送るたびに、ドンドン青く、濃くなっていく空の下で、「ここ掘ってもいい?」と帰るギリギリまで雪との別れを惜しむようにRちゃん&MちゃんはHRCの雪山にカマクラを掘ったり、雪だるまを作ったりと、お掃除がまだ終わらない私も誘惑に負け、可愛い二人にスコップの使い方を教えてあげながら、Rちゃんのお兄ちゃんも加わり、一緒になって少しだけ遊びながら気分転換させてもらいました。(楽しかったぁ)

抜けるような青い空は、気持ちまでも晴れにしてくれる様な気がしてきます。

夜空の星も眩しすぎるくらい美しい夜となり無事に又新たな週を迎えました。

love.  Y

追・爆弾低気圧にならなかったけれど、週末の貸切のHRCの夕食後のダイニングは何故だか嵐嵐嵐(DVD)の夜となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

玉原スキーパークデビュープランは、最高!!

先週の金曜日の続きです。強風を伴う雪に、かつては○○百貨店のSSの会で独身貴族でバンバン滑っていたMさんも五歳のD君のママとなり7年ぶりにゲレンデに復活&D君のゲレンデ(スキー)デビューの為来訪してはくれたものの、あまりにもの横から吹き付ける雪とHRCまでの雪道ドライブでアクシデントがあったらしく、かなり緊張気味。

D君は、HRCに到着しダイニングのドアを開けると同時に私に「雪。雪。雪。だよ~」と初めて会ったのに私に抱きついてくれ、おまけに不安そうな顔どころか満面な笑顔で「早くスキーがしたいなぁ」と、7年ぶりのゲレンデを不安がっていたMさんの気持ちも緩み、なんとなくこの雪でもきっと楽しめるのかなぁ・・と着替え終わったMさんファミリーを見送りながら週末の仕込みに取りかかった。

日中真横から降る雪もなんとなく空から優しく舞い降りてくれる天使たちに変わり、「Dちゃん。どうしたかなぁ・・」と厨房で独り言をつぶやきながら、まだ自分の体が本調子ではないのか、「風邪でもひかなければいいなぁ」とか「泣いてないかなぁ」とか、いつに無く消極的な自分がいた。

帰ってきてから、Dちゃんはスキーパークのデビュープランの内容を事細かに説明してくれて、蛙の帽子をかぶったスクールの先生のレッスンのおかげで自分1人で滑れたと大喜びして、それをゲレンデの片隅で見守っていたMさん夫婦は、成長してゆくDちゃんを見てウルウルしていたそうです。考え方によっては少しお高いかなぁと思われていらっしゃる方も多いかもですが、(詳しくは玉原スキーパークのHPをご覧下さい。)安心安全にお子様を数時間で滑るまでにさせてくれ、同日に家族一緒にリフトに乗ってシュプールが描けるわけですから、最高!!!と思っていただけるのではないでしょうかと、Mさん家族のゲレンデレポートをお聞きし、(今シーズンももう何度も最高!!の声を聞いてます。)ますますHRCからもお勧めいたします。

love.  Y

追・7年ぶりにゲレンデ復活のMさんも、「思い出しながら滑れたけれど自分の悪い癖のある滑りまでを思い出すものなんですね。でも良かった。」と御主人とDちゃんがぐっすり眠った深夜、到着した○○百貨店のSSの会のお仲間とゲレンデ復活&Dちゃんのスキーデビューの成功&明日久しぶりに一緒にシュプールを描けることを祝して乾杯していました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

午前4時49分

暗くて何も見えないけれど、ブナの森が大騒ぎしています。物凄い風の音で目が覚めてしまいました。

ダイニングの電気を点けて大きな窓の外を見てみると思ったよりというより風のせいか殆んど雪は積もっていないように感じます。大荒れにならなきゃいいなぁと思いながらもう一度外を見ると、北から吹き込む風で真横に流れて見える雪の中、「テン?」が大きな窓を横切りました。此処に住んでいてもなかなかこんな目の前では見られない感動的な一瞬でした。

明け方、私達よりもっと前に住んでいる動物達のブナの森で楽しむ大切な時間なのだと思い、電気を消してもう少しプライベートルームで、愛猫達と戯れることにします。

現在、外気温マイナス4度。やや雪??北風ピューピュー

love.  Y

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今朝プラス8度。只今マイナス3度。

「雨にならなくて良かった。」とシーズン30日雪の上を目標になさっている今年古希を迎える舞台写真TのI社長。社員の研修旅行???(何の?)をしてくださるようになってからかれこれ17年のお付き合い。還暦も米寿も御一緒させていただいていてます。そしていつも必ず同行なさる女性が役員のAさん。愛猫Seraの専属の女性カメラマンでもあります。(後ほどその辺はSeraに報告してもらいます。)今日の朝チェックアウトなさって集合写真に参加してとのリクエストがあり、彼(オーナー)と私はHRCの看板の前でI社長とAさんを始め社員の方々に交じって皆さんと記念の一枚に参加させてもらいながら又の再会を約束し、HRCに入る前に温度計を見るとプラス8度。流れる雲があまりにも早くてきっと急激にお天気が変わるんだろうと予測し、このまま急激に冷え込んだらゲレンデもHRCの駐車場もアイススケートリンクみたいにカリンコリンになっちゃうんだろうなぁと思いながら館内に戻り、週末のお天気予報を見ると、気温は冬に逆戻りしそう。え~北海道はマイナス19度になるって!!!朝はまるで春が来たの?というくらいに鳥たちの歌が聞こえていたのに。

その一時間後(午前11時)ブナの森の奥の方が騒がしく(風の音)なってきて、気持ちばかりの白い天使たちが舞い降りてき始めた。それから三時間後(午後2時)T酒店のFさんが配達に来てくれて気温はプラス5度。鳥たちの歌声はかすかに聞こえるだけとなり、ブナの森はますます賑やかな音楽を響かせ樹齢百年の木々も我慢できずに思い切り揺れていた。その二時間後(午後4時)。彼(オーナー)が買出しから戻ってきたときの気温はすでに氷点下。「カリンコリンだね。」と明日7年ぶりにお子ちゃまのゲレンデデビューの為に来訪してくれる寒がりで怖がりらしいお子ちゃまを連れてきてくれる元○○百貨店のMさん家族のことが気にかかる。いい環境をプレゼントしてあげたいな・・・と思いつつ不安は募るばかり。

なんたって、金曜の深夜からあの二年前の爆弾低気圧の時の5家族の貸切だし、嵐嵐嵐~なんてことにならぬよう願いたいとただそれだけを祈るのみです。

只今マイナス3℃。温度差ありすぎの1日でした。

うわぁ~。明日は今シーズン雪(吹雪)に恵まれている○○百貨店の皆さんが先週に引き続き来訪してくれることになっていたんだ。やっぱりお天気予報は当たりかなぁ・・・(笑)

love.  Y

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

大寒だけど暖かいです。

週末、なんだか体がフワフワするし、たいした運動もしていなのに体中が痛くてと思っていたら日曜日の朝何十年ぶりに39度5分の熱がでてしまいました。

月曜火曜と一ヶ月ぶりのオフを心待ちしていた私に、神様はずっとベッドで寝ていなさいと安静という贈り物をしてくれました。(本当はお友達のところに行ってクラフト教室もどきをしようと思っていたのに・・)先週ずっと降り続いていた雪はうそのようで、両日私でも自分の車をだして、下山できるんじゃない?くらいの晴天の空を眺めて、これこそユーミンの「悲しいほどお天気」ってやつだと諦めてカーテン閉じてひたすら眠りにつきました。熱を出してしまってお留守番をしている「ロッジで待つクリスマス気分」のかんじでもあります。

しかし化学的に出来た薬というのは薬を普段飲まない私の体は、即効反応してくれて、一気に熱を冷ましてくれる。元気になったのかと思えばまた39度を越える熱その繰り返し・・・沢山の夢を見ました。

久しぶりにダイニングに出ると(二日ぶりなんだけど)日曜日の午後まであった大きな窓の今年4度目の大きな氷柱の大作も消え(落ち)フカフカでは無くなったに氷河のような雪の塊を見て、暖かい日が続いたんだなぁと玄関の外に出て温度計を見るとプラス7度で上昇してます。私の体温はグングン下降して35度7分。大寒だというのに・・・・・空からの贈り物は涙(雨)ではなく白い天使達であってほしいものです。

love.  Y

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

長期滞在のその後は・・・

○○百貨店のSSの会の皆さんの長期滞在も週末を迎えて、本日チェックアウトとなります。こんな日の朝はなんとなく寂しい気持ちになります。

毎年この時期に滞在してくださってから(毎週末お会いしている方もいるような気がしますが・・・)20年の年月が過ぎました。まるで家族のように過ごさせていただき、いつもめぐり合った縁が励みとなり(逆なのに・・)沢山のことを学ばせていただく私達の師でもあります。

ドスプトイで彼(オーナー)がいただきましたご縁(十円かな?)を大切にこの絆が途切れることなく大切にしていきたいと思い、百歳までスキーを目指すSSの会のK様に心より感謝し、昨夜から静かに降り続く雪は止むことなく、新たな真っ白なワンダーフィールドを贈らせていただきます。

外気温マイナス7度。 それなのに少し大きめの雪で週末が始まりました。

love.  Y

追・昨夜一緒に南アフリカのHEARTの切手のようなエチケットのワインとシャンパンで一緒に乾杯したかったのに、あの後寝てしまい、気がついたら午前二時でした。優しさなのか、私に飲ませるのもったいなかったのか彼(オーナー)の気持ちがわからないまま朝を迎えました。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

晴れたぁ。

午前6時。今日で3日目の滞在の○○百貨店のSSの会の皆様は、どうやらいつも空から舞い降りる白い天使たちと仲が良いみたいで、3日連続の早朝の雪降る始まりに流石に少しガッカリ・・・恐れていた大晦日並の冬型の低気圧ではなかったので、思ったよりも静かに雪が舞い降りていました。

昨日チェックインなさった女子2人。(バリバリの看護師さんです。)猛吹雪の雪も何のそのでゲレンデで滑ってから、HRCに到着。日頃のオーバーワークでゲレンデでストレス発散したのは良かったのだけれど、ダイニングで一息ついたその後体調崩していることに気づき、昨夜は安静に親友の介護(流石看護師さん)で過ごしました。今日は滑らない方がよいと冷静に判断し(流石看護師さん)、昨夜降った車の雪掻きを手伝いながら、「今日は連れのお誕生日だったのですが、とても記念に残るお誕生日となりました。またリベンジしに来ます。」と青くなりかけた空を惜しむように下山しました。「大切な友達を大切に思う気持ちがきっと1番のお誕生日のプレゼントね。」と見送りながら、昨夜久しぶりに声を聞いた友達から電話をもらったのを思い出しながら、やっぱり友達っていいなぁと空を仰ぐと、雲がドンドン流れて真っ青な空となってきてゲレンデに出かける○○百貨店のSSの会の皆さんと「晴れたぁ!!」と思わず声をあげてしまいました。

1月15日金環日食。1月も調度真ん中となりました。気持ちのよい一日となりそうな予感・・・

love.  Y

追・来週18日から22日まで玉原スキーパークでは、玉原レディースファン感謝ウィークイベントで、女子のリフト券が半額となります。詳しくは玉原スキーパークHPを参照してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

大晦日並みの大雪

昨日の強風を体験したせいか、お客様は降り止まない雪でも「今日のほうが寒く感じなかったよ。」とゲレンデから無事帰宅。三十年ほど前ならば私もどんな事があってもリフトが止まらない限りゲレンデにいられたのに・・皆さんの勇姿に惚れ惚れしてしまいます。

強い冬型の気圧配置となりました。

雪の降る日はいつもより2倍忙しい気がします。早めに早めに仕込をし、めずらしくこんな夕方のこんな時間に少しの余裕が出来、吹雪の中お戻りになられたお客様にホットチョコレートを注いで彼(オーナー)も私もホット一息つきました。降る雪にそして一息つかせてくださったお客様に感謝です。

外は静けさに包まれた白い世界です。HRCに住む冬の画伯が描いてくれる墨絵のような世界を眺め、本当にブナの木肌の斑模様と雪の白だけになって綺麗だなぁと思う反面、テラスに積もる雪を見て今夜ストーブが止まりはしないだろうかと現実に戻りお客様の夕食のスタンバイ始めます。フゥ~

気合入れて外の空気吸いました。外気温マイナス6度。凍てつくような寒い夕方のこと・・・

love.  Y

追・この美しさを写真でお見せできないでいるのが悔しいです。楽しみにしてくださっている皆様ゴメンナサイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

モンスターだったり妖精だったり・・・

成人の日を絡めての三連休も無事終了しました。成人を迎えられた美奈さん始め、皆様おめでとうございます。

雪は空にうまれた氷の結晶。地上に舞い降りるまでの気温、湿度などの条件でかたちは様々に変化します。

冬休みもこの連休も自然界(雪)はあらゆる変化を私たちに披露してくれ、彼(オーナー)は除雪で疲労がたまっています。モンスターのような雪と格闘しながらの日々でしたが、連休も明け、プラス4度の気温のせいか、気持ちも身体も緩みあちこちが痛いと嘆いています。

連休の最終日は、この上ないほどのやわらかな陽光と白銀の世界に「あ~、この天気が昨日だったら良かったのに・・」とか、「渋滞覚悟で、ゲレンデで思う存分滑ってきます。」「フワフワの雪原で動物達の足跡見つけてきます。」とこんな日はお客様の笑顔も倍増している気がします。白い雪が妖精のように見えるこんな日ばっかりだったらいいのになぁとシミジミ思います。

今朝は、連休明けでお客様もゆったりとゲレンデへ出かけて行きました。気持ちが悪いほどいつになく鼻にツンとくる冷たい空気を感じることがない暖かな日となりました。(雨にならなきゃいいなぁ・・・)

今週又、新たに生まれてくる雪は、モンスターだったり、妖精だったりに姿を変えてHRCに住む雪の画伯が大きな窓にどんな絵を描いてくれるんだろう・・・

予報では明日からモンスター到来みたい。

玉原スキーパークの積雪もHRCの雪山の積雪も益々増えそうな予感です。

love.  Y

追・せっかくアップしたい写真、障害があってアップできません。後日可愛い笑顔まとめてご披露します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

久しぶりのアフタヌーンティータイム

昨夜お汁粉が無性に食べたいと言いながら眠気に勝てず久しぶりに私より早く就寝した彼(オーナー)。

しかし、いつもながら野を越え山を越え、時間をかけて納得のいく食材を求め、買出しに出かける彼(オーナー)には頭が下がります。(業者さんに配達してもらえば簡単なことなのに・・)今では私よりはるかに何処の何が美味いとか、何処のあれが安いとかを把握していて私の欲しい食材は言わなくても殆んど手に入れてきてくれます。

ダイニングのお掃除も終了し、厨房で連休の為の仕込みをしながら、冷凍しておいたお汁粉を鍋に移しておき、やがて帰ってくるであろう彼(オーナー)とお茶でもしようかと思いきや、「おばちゃん、あけましておめでと~」と娘の親友のMakyちゃん(パテシエなんです。)がボードしがてら「おいちゃんのお誕生日にケーキ持ってきたよ。おいちゃんが買出しから戻ってくるまで、日頃のストレス発散にゲレンデ行って来るね。」と出かけていったその数分後地震かと思う響きが背中から聞こえ、振り向くと大きな窓は1本だけ氷柱を残し、またすっきりした窓になりました。今シーズン3回目の氷柱の大作も消えました。

そうこうしている内にT酒店のFさん&タイガーじゃなくダイガ水産の会長ご夫妻が配達がてら久しぶりに揃ってお茶タイム。毎年お任せして彼(オーナー)への誕生日プレゼントを今は亡きYさんに引継ぎ、Fさんがセレクトしてくれるワインも届き、日も暮れる頃ゲレンデから戻ったMakyちゃんと、買出しから戻った彼(オーナー)が同時にダイニングに入ってきました。

買出しの荷物をほっぽらかしてまずは、自分たちだけではなかなか作らない久しぶりのアフターヌーンティータイム。娘のような娘の親友Makyちゃんが作ってくれたケーキに軍配あり!!!昨日まであんなに食べたがっていたお汁粉はまた冷凍保存される破目になりそうです。Fさんから頂いたマリアージュの紅茶と黄色の小さな花束で、なんだか素敵なティーパーティーとなりました。

二度もティータイムに参加しちゃうことが出来た、至福の時間を過ごしました。

love.  Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

玉原スキーパーク積雪230cm!!!

お掃除を始める前に・・・

今朝も除雪から始まりました。テラスのブナ爺さんも随分と背が低くなったように感じます。が、久しぶりの太陽が眩しいくらいに燦々と白い雪を輝かせてくれています。

大きな窓のHRCに住む冬の画家が描いてくれる氷柱も今シーズン3度目の大作です。久しぶりの太陽の光でキラキラ輝きそれはそれは美しく、しかし氷の剣のような氷柱は気温が上がると地震が起きたのかと思うようなくらい恐ろしくもあります。

今日から新学期を迎えられたお子様達も多いのではないでしょうか?

冬休みを利用してHRC&玉原スキーパークにご来訪下さったお客様から無事帰宅。楽しい思い出&大雪の凄い体験メールを沢山頂戴し、事故も無く怪我も無く真っ白な世界で思う存分戯れ、沢山の笑顔を置き土産に、新たな年を迎えてくださいましたこと、心より感謝しています。

   Img_5435Img_5437Img_5464Img_5454

Img_5532Img_5463Img_5467Img_5490   

Img_5572 Img_5582 Img_5600

Img_5562

Img_5659

玉原スキーパークの積雪も230cmとなりました。HRCの雪山も高いところでは3mを越えこれからの天候を願い(頑張ってくれた冬の画伯少し休憩してください。)連休に突入いたします。

2010年の冬休み。ご一緒にスノーライフをお過ごし下さった皆様。この2週間「雪降ったぁ?」から「雪止んだぁ?」と遠方から心配事を察し、電話やメールでエールを下さった皆様に改めてこの場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。しかしよく積もりました。

love.  Y 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Sera の独り言

Img_5439 ミニャさま、明けましておめでとうございます。ご無沙汰しております。Sera(この春10歳)です。Merody(この春1歳)は相変わらずLilyさんがいないBedの周りを駆けずり回ってLilyさんの洋服や靴下と戯れております。ダイニングから賑やかな声が聞こえてくるたびに厨房のドアがいつ開かないかとチャンスを狙ってダイニングに飛び出そうとしています。私は相変わらずマイペースでお布団の中にもぐり込み年を越しました。

「猫のImg_5604手も借りたい」とパパさん(オーナー)もLilyさんも大忙しで、寝るときにしかプライベートルームにいませんが、相棒が出来たので寂しくなくなりましたが、Merodyは何とかLilyさんの気を引こうとLilyさんの大切にしている物を銜えて振り回したり隠したりしている有り様です。

Img_5551

Img_5577

朝食のダイニングの風景には、私達よりはるかに戦力となってお手伝いをしているいる猫達がお客様を和ませ楽しませてくれているようです。どうやらわたしたちよりはるかに優れもののようです。

先日Img_5586、MerodyをHRCに連れてきたLilyさんのお友達の猫語がわかるMちゃんが久しぶりに来てくれて、Merodyのあまりにものヤンチャな様子を聞き(でも可愛いんだよね。)魔法の呪文をかけているかのように何かを言い聞かせてくれていました。そのお蔭か今日はプロレスをしようとも言わずに1日中私と一緒にBedで寝ていました。

Img_5655 昨夜もパパさん(オーナー)がテラスの除雪をしていると、心配そうに目をウルウルさせながら見つめていました。いつも叱られてばかりいるMerodyはパパさん(オーナー)に抱っこされることを嫌いますが、除雪を終わらせてダイニングに戻ってきた冷えた体のパパさん(オーナー)に駆け寄り抱っこさせて温めてあげていました。(相変わらず目は合わせません。)

今年は寅年。寅毛をしたMerodyは人見知りの私と違い堂々たるものです。どうぞナデナデしてあげてください。もしかしたらご利益あるかもしれニャイです???

やっぱりこの冬も私に出来ることは、お布団にもぐってお布団を温めてLilyさんの帰りを待つことぐらいかニャン。

love.  SeraImg_5608

追・普段は殆んど私達の存在がわからないと思いますが、どうぞお気軽にお声をかけてくださいませ。嬉しくてダイニングのカーブよけ切れないくらいの勢いでMerodyが参上してくるはずですから・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

たっぷりのお誕生日プレゼント

Img_5629Heart Rest Club 1959と長ったらしい名前のペンション。実は私達夫婦の共通点を見つけそれを記念につけたかったからそうなりました。

ありそうでないのが共通するもの・・・「そうだ!!生まれた年が一緒だね。」そうなんです。1959とはそういうことなんです。

Img_5625そんな彼(オーナー)が昨日(1月6日)お誕生日を迎えました。

年の暮れには林檎やさんのR君がテラスの雪かきに参上してくれ無事に年を越せ、年明け元旦早々には、二年前の秋に縁あって出逢ったN君が、何処が道なのかわからないほど猛吹雪の中、彼(オーナー)の体調不良を心配してくれて彼女の了解も得ないで駆けつけてくれたN君。少し早いお誕生日のプレゼントを貰ってしまった彼(オーナー)は感激と恐縮。もちろん私も同じ気持ちでした。マイナス5度の寒い中、汗だくになりテラスの雪かきをしてくれて昨日までテラスの雪かき(困ったことにあるラインまで積るとダイニングのストーブが止まってしまうのです。)をせずにいられました。が、降り止まない雪で昨夜ストーブが止まってしまいました。やっぱり彼(オーナー)の出番です。Img_5647

本当ならば、お客様が夢の中へたどり着いた頃ワインでもあけて乾杯しようと思っていたのですが、残り物(在庫処分)で何とかいつもよりマシに出来た賄いご飯と、テラスの雪かきを終わらせて戻ってきた彼(オーナー)と日付が変わらないうちに「今年もたっぷりのお誕生日プレゼントが神様から届いたね。おめでとう」と一杯だけのビールで乾杯し、知人から来た沢山のお誕生日メールの返信を返しながらの時間を過ごしました。

20Img_556610年1月6日。今年は一段とたっぷりの雪が彼(オーナー)に神様からの贈り物として届けられ、一日中雪と戯れる(格闘する)お誕生日を迎えました。あと暫くはお酒より甘いものの方が嬉しい日が続きそうです。

love.  YImg_5541

追1・極寒の中、ビールが美味い!!を感じるにはテラスの雪かきに限ります。お腹を引っ込めたいあなた。日頃運動不足のあなた。雪の生活を体験したいあなた。遠慮なくスコップお貸しいたします。謝礼は三食リフト券付きなんていかが?もちろんビールも・・・

追2・いつも遠くから応援してくれているのんたま●ンマのUMIちゃんも5日がお誕生日でした。おめでと~birthday

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

笑うかどには福来る

Img_5527 午前5時。「明けましておめでとう。今年もよろしくお願いします。新雪(深雪)から始まったね。」と、彼(オーナー)と挨拶を交わした元旦のこと。彼(オーナー)も笑顔で復活してくれました。思わず嬉しくなって私も微笑みそれぞれの仕事に入りました。

大晦日のお昼過ぎからの吹雪は降り止まず、初っ端から寅君が大暴れして2010年の始まりです。

HRC駐車場に止まっているお客様の車も、前のペンションさんに止まっている車もカマクラのようです。

それでも、HRCで新年を迎えられたお客様から「新雪で、新年を迎えられて気持ちがいいね。いつも元旦はゲレンデも空いているし~」といいつつも、気持ちばかりの御とそで乾杯をした男性軍はほろ酔い気分でゲレンデに出かける前にご自分の車の雪かきにひと運動し、一気に酔いも覚め、それどころか「いい運動になった。」と本当は降り止まない雪を恨めしく思っているはずなのに笑顔を浮かべてくれ私も笑顔。お子様達はむしろ大喜びでグングン大きく成長しているHRCの雪山に穴を掘ったり(フカフカの雪だから、ドンドン掘れるのです。)スノーマンを造ろうとしてもサラサラすぎて固まらない雪をズンズン積る雪で自分達がスノーマンみたいになっているの見て笑い合っているお子様達を見てまたまた笑顔になりました。

此処で出会い、見知らぬ人同士が同じ屋根の下で年を越し、自分のことだけでなく、お互いに協力し合いながら、わずかしかないスコップや用具を譲り合い、「凄い雪ですね~。」と笑っている光景がありました。

凄すぎる雪で思わず泣いてはいられません。笑っちゃうしかありません。

笑うかどには福来る。1年の計は元旦にあり。まさしくその通りだと思いたいところです。

love.  YImg_5641

追・今年も出来るだけ今の景色を撮り続けて、皆様にお届けできたらと思います。久しぶりに見たアクセス件数の多さに自分でもビックリです。皆さまありがとうございます。がががんばルゥ~coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

明けましておめでとうございます。

Img_5517 Img_5527  2009年の干支の牛君がHRCに住む冬の画伯と一緒にモゥーレツ(猛烈)に白い絵の具で、絵を描き2009年を締めくくり、バトンタッチした20 10年の干支の寅君がしょっぱなから大暴れして2010年が始まりました。猛吹雪の中一瞬だけ太陽がHRCの玄関の上に顔を出してくれ、お客様と「初日の出!!!明けましておめでとう。」と手を合わせました。太陽というより銀色に輝く満月の光のようでした。さてさて今年は寅年。何に寅い(トライ)しようか思案中です。

Img_5496Img_5521 Img_5526 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。HRCもシンプルではありますがトラディショナルなお節とお雑煮で、皆様をお迎えいたしました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

玉原スキーパークの積雪も140cmとなりました。只今の外気温マイナス10度です。明日はさらに積雪が増えると思われる吹雪の元旦の夜です。フカフカ、サラサラのパウダースノーが皆様をお迎えしてくれています。道中の車の運転もデレンデでも安全運転で楽しい冬休みをお過しくださること心よりお祈りいたします。

Img_5498

love.  Y

追・寅年だから寅さんです。SAKURAでもないYURIですが、私生まれも育ちも葛飾柴又でございます。1986年生まれの娘の干支でもあります。ちなみに写真に写っているお花の後ろの2014ピースの世界地図のジグソーパズルは私のお守りでもあります。最後の1ピースを入れ完成させた翌日に娘がこの世に誕生しました。あれから3回目の寅年の到来です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

HRCお助け隊 その1

Img_5497_2 去年の暮れのことです。実は彼(オーナー)が体調を崩しておりました。

大晦日午前中まで玉原までのアクセスは、雪も殆んど無くかれこれ10数年間HRCで年を越されるお客様のIさんも、近郊にお住まいのYさん始め、2010年という新しい年をご一緒させていただくお客様方は気持ちの良い青い空に心弾みいざゲレンデへゴーゴー。

満天の星空の30日の夜遅くに林檎やさんの長男R君(高校球児2009年4月から寮生活)がImg_5489寮から自宅に帰ってきたばかりだというのに近況報告と完読出来ないでいた20世紀少年を読みに来訪してくれて「いつもお世話になっているし筋トレになるから雪かきしにきたよ。でも、あんまり積ってないんだね。漫画読んで寝るね。」といいつつそれでもいつ降ってきてもいいようにと翌朝寒がりのR君でもトレーナー一枚でも外に出れるほどの陽気の中テラスの雪を日頃鍛えた筋力で、サクサクッと掻き終えてくれ(実はかなりハードなことです)林檎やさんの園主のSちゃん(冬場は玉原除雪隊長)が除雪仕事を終えてR君をお迎えに来たのが大晦日の午前10時45分のこと。「これから大荒れになるって言ってたけれど、本当かね。身体に気をつけてよいお年をむかえてね。」と彼(オーナー)の体調不良を気にしてくれた。R君を見送りがてらHRCの駐車場に出て空を眺めながら「でも風が変わってきたね。きっと来るね。お蔭さまで吹雪になっても夜中におじちゃま(オーナー)ストーブ止まる心配しないで眠れるよ。R君、ありがとう。良いお年をね。」と厨房に戻り、客室のお掃除を終えて夕食の仕込みに取り掛かかり厨房の窓の景色を見ると霧雨のような細かい雪が降ってきた。

午後12時30分。猛吹雪の大晦日が始まった。

紅白歌合戦の勝敗を気にするどころか体調不良の彼(オーナー)の方が気になりながら、新年を迎える為の準備をし、R君が雪かきをしてくれたテラスも雪を掻いてくれた以上の積雪となってきていることに不安を感じながら、TVから聞こえてくる除夜の鐘の音を聞き「明けちゃったね。明日(今日)5時起きで除雪からスタートだな。中のことはよろしく。悪いけど先に寝るよ。とりあえずストーブが止まる心配もないし・・・新年早々R君に感謝だな。今年甲子園に行けたらどんな事があっても応援に行きたいな。」と彼(オーナー)は熱燗の代わりに栄養ドリンクと風邪薬を飲みながら、2匹の愛猫が待つ布団の中にもぐりこんでから十秒も立たずに寝息を立てていた。どうか流行に鈍感な人(新型インフルエンザにかかってませんように)でありますようにと願いながら、2009年もHRCがどれだけの人達や大自然の壮大さに助けられ過ごして来れたことに感謝をしながら2010年を迎えることになりました。

love.  YImg_5508

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »