« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

シルバーウィークが終わりました。

  「なImg_4875んかあったんですか?」とか「どこかにお出かけでしたか?」とシルバーウィークに来訪してくださった始めてお会いするお客様方や常連さんからの質問。ン?特に何にもなかったし、お出かけといっても時間の許す限り、林檎やさんの往復はしていたんだけどどうしてこんな質問をいただくのだろうかと逆に質問をしてみたら、私のブログが長らく更新されていないことを気にかけてくださっていたとのこと。

「はい。ちょこっと一人旅にスペインまで・・」くらいなこと言ってみられたらカッコつくんだけど、次から次に続く色々な野暮用(本当は大切な用ばかりでした。)と、PCのコンディションの悪いことを口実に夜な夜な愛猫Sera&Merodyに癒してもらっていると、あっという間に睡魔が襲いあっという間に朝を迎えてしまい、あっという間に一日が過ぎあっという間に夜が更けるという有り様。

そんなわけで、お久しぶりです。とりあえず元気で毎日過ごしています。

澄み切った秋の空と日中の心地よい風の中で、ここに住む自然界の秋の画伯が本格的に秋色のカラフルな装いをブナの森全体に絵の具をまき散らすことをためらってくれているかのようで、キラキラした葉っぱの緑色はシルバーウィークの間が終了するまで元気に親木から離れることなく頑張ってくれました。日中の暖かさとは裏腹に夜はとうとう暖房無しではいられなImg_4757い程冷え込んでくる気温で今朝はテラスのブナも黄色に塗り替えられていました。毎日ではなかったけれど、シルバーウィークの間の銀河の夜は吐く息も白くなるほど冷え込みましたが、それでもタイミング良く私のお勧めスポットに出かけ毛布を纏いながら流星に遭遇できたことを1番の感動とお話ししてくださる方々もいらっしゃいました。薪ストーブの暖かさで、ソファに横たわりスヤスヤと眠りについている方と一  緒に愛猫Sera&MerodImg_4816yもちゃっかりと眠りについている光景を見て彼(オーナー)も私も癒されました。親戚の叔父さんImg_4840&叔母さんの家に遊びに来てくれているかのように、会うたびに馴染んでくれるお子さん達の笑顔や、沢山の「ありがとう」の言葉  を置き土産に帰路なさっていかれた皆様にこそ、私達のほうこそ初めての出会いと再 会に「ありがとう」のシルバーウィークでした。

love. YImg_4883

今日(昨日)届いたなっちゃんからのありがとうもありがとう!

追・次から次に続く野暮用はまだまだ続きそうな予感ですが、出来る限りブナの森が教えてくれる自然界のメッセージをお伝えできるように努めて行きますのでよろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

林檎の里(HARU君初めての林檎狩り)

Img_4729 ボチボチ林檎の季節。といいつつ美味しい林檎が収穫できるようになりました。

ついこの間まで、真田園のNAZUちゃんがお出迎えしてくれていたのに、すっかりお姉ちゃんになって小学校に通っています。(只今小学二年生)

去年誕生した真田園の末っ子のHARU君1歳4ヶ月。今度は彼が私をスマイルスマイルでお出迎えしてくれ、私もスマイルスマイル気分。

歩くImg_4733ことが楽しくて、何を見ても興味津々のHARU君の行動範囲は日増しに広がり、赤く実った早生の林檎の木の下に私を案内してくれて、「んんご」と嬉しそうに指を刺したかと思いきや、小さな手で、自分が届く範囲の林檎を片っ端からもぎ取って私に手渡します。あまりにも可愛い行動に見とれている場合じゃない。手当り次第もぎ取ってどうするの~?Jちゃんママに叱られちゃうよ~。とかすかな不安を抱きながらそれでもやっぱり可愛すぎる笑顔に思わず何でも許したくなってしまう私。

「う~ん、HARU君それはまだ早いかも~」そんなことはお構いなしのHARU君はこの秋林檎やさんで、スマイル攻撃と、林檎の収穫攻撃で強力なスタッフの一員となってくれるのでしょうか・・・??スマイルだけで充分とJちゃんママ。

Img_4735 HARU君のお蔭で世に出回ることの出来ない林檎達が勢ぞろいし、(色悪。HARU君無理やり力ずくで捥いだ為傷物etc)今年はいち早く早生の林檎「さんさ」で林檎ジャム作れました。

love.  Y

Img_4731

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009玉原ラベンダーパークおしまい!!秋突入。

Img_4664   異常気象の夏だった。それでもそれぞれの夏をHRCでお過ごしくださり、皆様からいただいた沢山の葉書やメールが何よりもの宝物となりました。この場を借りて心よりお礼申し上げます。

なかなか雲が切れないでいたこの夏のすっきりしない夏の夜、銀河の夜と光る尾を引く流星群を見て願い事すら忘れてしまうその瞬間の美しさに大歓声を上げることが出来たことが今年の夏の最大の贈り物でしょうか。(見ることの出来なかった方々。ごめんなさい。)

剪定も儘ならないでいたにも拘らず、HRCの畑のブルーベリーの大豊作には、目が点。悪天候の中の収穫の繰り返しにちょっぴりめげた夏でした。

Img_4679009年玉原ラベンダーパークのラベンダー達も8月に入ってからの雨ばかりの日々の中で雨にも負けずといいたいところだけれど見せ場を作れず本来の綺麗な紫色をつけることもできないで大半が終了してしまったような気がしてならなかったけれど、総力を挙げてパImg_4691ークのスタッフの方々の努力と後半には夏の景色が甦り、ラベンダーも復活し最終日までなんとか紫色を失うことなくパークの中はリラクゼーションの世界へと導いてくれ、来年の為に全て刈り込まれたラベンダー達の終わりを確認し、数メートル先も見えないような霧の中、夏の終わりにはふさわしすぎる景色で8月30日に幕を閉じました。

私自身が慌しかったお 盆の頃、せっかくの休暇を取り帰郷してきた娘達ともゆっくりと過ごすこImg_4689ともできないでいたことを悔やんでいた私に思いがけないプレゼント。お盆のリベンジにと娘達がまたまた帰郷。ラベンダーパークの最終日と同時になかなか行くことが出来ないでいた岩鞍の百合園に連れて行ってくれて思わず「咲いててくれてありがとう」とわずかな百合たちが標高1400メートルの霧の迫ってくる景色の中で空に向かって強く美しく燐として咲いて待っていてくれていた。「来年は満開の頃に又来ようね」と夏が終わる寂しさよりも来年の夏の満開の百合を想像し楽しみに変えてくれた感謝の8月30日。

高校球児の投手たちの気持ちの良いどちらも悔いの残らないような頂上決戦には感動し思わずどちらにも拍手をしたけれど、党首たちの戦いの選挙では、この先の世の中の行く末に不安を抱えながら、壊れかけた船から、新しい船に乗り移り行く先を迷いながら航海の旅を後悔しないようにと新しい政治の始まりに期待しながら、時間内にゴールテープを切ることが出来なかったけれど絶対に諦めないで走り続けゴールをした24TVの恒例のマラソンを見ながら、この夏に起きた沢山の出来事を思い出に変えて、9枚目のカレンダーをめくった。

いつImg_4652の間にか夏の画伯も本領発揮をしてくれないまま眠りについてしまったのか、早くもせっかちな秋の画伯がHRCの庭でカラフルな絵の具を片手に葉っぱのフレディ君たちに絵Img_4653の具をどんどん塗り始め秋色の景色に変えてきている。

お友達の葡萄やさんも、林檎やさんもついこの間まで緑一色だった畑の果実があっという間に秋色に変わってきています。

天高く馬肥ゆる秋。美味しい秋の始まりです。

林檎より一足早く葡萄やさんも開園です。今年も丹精込めた葡萄が県知事賞(1番素晴らしい賞)を受賞したよとのお知らせを聞き下山。まずは試食。「ジューシー!!今年も最高!!」大人気のやまいし葡萄園(けっしてやましいとかやらしい葡萄園ではありませぬ)は大人気の葡萄やさんですのでとにかくご用命はお早めに・・・地方発送も出来ますが、是非是非皆様のご来園心よりお待ちしておりますとの伝言もよろしくと承ってきました。タイミング良ければご夫妻の夫婦漫才ももれなくご覧になれるかも~。

やまいしぶどう園 TEL&FAX 0278-24-5531(AM7:00~PM21:00)

Img_4684

スポーツの秋。読書の秋。芸術の秋。そして何よりも食欲の秋~!!

ご一緒に秋の夜空を眺めながら、秋の夜長を楽しみましょう。

love.  Y

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »