« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

マイナス6℃

Img_1430 午前6時。

冬の画伯がImg_1441、ようやく目を覚まし、墨絵の世界をお披露目してくれた。

玄関開かない。階段見えない。先シ-ズンの爆弾低気圧で飛ばされてし まったL..L BEENの温度計は壊れていなければいなければマイナス6℃。

Img_1444 今シ-ズンも彼(オ-ナ-)の大仕事(除雪)が始まった。

雪不足で心配なさっていた皆様、雪あります。たっぷりと・・・・

そんなわけで

道中くれぐれもお気をつけて。

love.  Y

Img_1442

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クリスマスプレゼント

Img_1395 お 客様がお休みになられてからもう一度ダイニングのキャンドルに火を灯しながら、サンタクロ-スが、トナカイに乗ってやってくるのを信じ、星空Img_1428 が白い天使になって舞い降りてきてくれることを祈った。

夕食時にかすかに舞い降りた白い天使たちは、小休止をしてしまったけれど、今信じられないくらい窓の外を真っ白い世界にしてくれている。最高のクリスマスプレゼントが届いた。

沢山の方々からプレゼントしていただいたクリスマスデコレ-ションに感謝して・・・

HRCの本格的なウィンタ-シ-ズンが、この白い天使たちのお蔭で始まります。

Img_1425

ぎりぎりセ-フというわけで、MERRY CHRISTMAS!!!

love.  Y

追・雪不足を心配してくださった方々の願いは、HRCにきちんと届いたようです。心からありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Seraの独り言(MERRY CHRISTMAS!!)

Img_1332 猫のImg_1383手でも借りたいって言っているLilyさん。

そんな、Lilyさんの代わりに私からのメッセ-ジ。

皆様の元にサンタさんが来ます様に。そしてこの地にも・・・

Img_1375 私は相変わらず、マイぺ-スで、陽だまりを求め、LilyさんやPapaさんの邪魔にならぬように過ごしているつもりニャンだけど、どうしてもまとわりつきたくなってしまってお仕事の邪魔しているみたい・・・

THINKING OF YOU WITH WARM WISHES.

Img_1372

love.  Sera

追・私にとってはポカポカお天気は最高ニャンだけど、皆様の為にサンタさんからたImg_1373っぷりの雪が、クリスマスプレゼントで、届きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009スキ-指導員研修会開催!!

Img_1227 Img_1229 12月の第二土曜日は、毎年おなじみの顔ぶれが大集合!!

去年は、たっぷりの雪の中で受講できたけど、今年は夕べのわずかな白い天使たちは、残念なことにゲレンデまでは届かず今シ-ズンの新しい板も試せずに先生達は受講。研修会を真面目???に受講なさった後は、忘年会をかねて飲む飲む飲む!!!!!

スキ-はもちろんのことながら、お酒の飲みっぷりもお見事。後者のほうが最近の目的にもなっているらしい。

今シ-ズンはいったいどれだけのシュプールを残し、チェックアウトなさったお部屋からは、いったいどれだけの空き瓶が残されているのだろうか・・多分これも後者の勝ちかな?

Img_1214 数年前は、不思議ななことにお酒のせいか、若気の至りか客室の枕がひとつ行方不明になったこともあった。そんな若かった時代も時が過ぎ最近は静かな大人な(そんな方々もシニアリフト券の方が殆んど)感じでお夕食の時だけはワインで、乾杯してくださるようになった。ありがたや。ありがたや。

低迷してきているスキ-業界なのに、この冬もこのスキ-研修会でスタ-ト出来たことに感謝。

「I LOVE SNOW」な気持ちが1人でも多くなりますように・・・

Img_1231

love.  Y

追・狭い乾燥室にぎっしりのスキ-道具を見て、なかなか気持ちが冬にならないでいた私の気持ちを冬にしてくれた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

毎日がキャンドルナイト

Img_1212 Img_1200 クリスマスも近いせいか、近頃は色とりどりの電飾によるイルミネ-ションが全盛。

ワイヤ-クラフト教室でお世話になったANNO DOMINIさんご夫妻(市内にある私のお気に入りのショップ)と、電飾によるイルミネ-ションのことで意見が一致した。東京ミレナリオや、神戸ルミナリエくらい壮大となれば、光の芸術作品で圧倒されてしまうけれど、それ以外はあまり魅力を感じない。むしろキャンドルの灯りは、幸せや、悲しみを運んでくれる尊い灯りのような気持ちになれるのは、私だけでなかったことが嬉しかった。

その柔らかく、繊細で暖かいキャンドルの灯りを見つめていると、日々慌しく過ごしている時間を緩やかにしてくれる。

Img_1223 そんなわけで、毎日がキャンドルナイト。

今日の出来事に反省して・・・

Img_1219今日の出来事に感謝して・・・

今宵も静かに、空から白い天使が舞い降りてくれることを願いながら、去年ANNO DOMINIさんで買った、雪の結晶のキャンドルホルダ-の灯りに包まれて空を眺めた。(早く全コ-ス滑走可能となりますように。)

満天の星空からほんの少しだけ白い天使が舞い降りてきてくれた。

まもなく冬至。去年同様百万人のキャンドルナイトが行われる。キャンドルの灯りに祈りを込めた願いが、私の大切な全てに届きますように。

love. Y Img_1185

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Love&Peace

Img_1171 林檎やさんのJちゃんのお誘いで、とある近郊の高校で、地元の林檎を使ったお料理教室に潜入してきた。

制服姿の高校生の女の子。

A「林檎っていえばリンゴスタ-って知ってるかい?父ちゃんが好きなビ-トルズっていう外国の歌手の名前らしいけど、おもしろくね?」

B「知らね~し」

A「ポ-ルマッカーサーっていうのもいるんよね。お笑いじゃないけど面白い名前だいね。今日はその中の一人の誰かの命日なんだってさ・・家の父ちゃんが昔から好きらしくてさぁいつも聞かされているけど案外いいよ」

私思わず、お笑いにされてしまいそうな彼女達の会話に入り込み「ポ-ルマッカーサーじゃなくて、マッカ-トニ-だし、その中の一人はジョンレノンという人よ。」と言いたかった。

高校生の会話を聞いたお蔭で、1976年にタイムスリップした。高校生時代私の友達は休み時間になると、「私は断然ポ-ルよ。」「俺はジョン。ジョン。ジョン命!!」とか言いながらまるで、いかにも自分の恋人か親友のような気になって熱く語り合い、文化祭のライブの為に学校から程近いだけで、合宿所となってしまった狭い我が家で、勉強するって言う名目で、徹夜して練習しているのを特に熱狂的なビ-トルズファンでもない私でさえも、ビ-トルズのメロディ-が耳にこびりついて離れない日々があった。All My Lovingで盛り上がった文化祭。だけど英語のテストは何故か赤点のボ-カルがいて、(サザンの桑田さんは、ビ-トルズのお蔭で、英語が出来るようになって青学合格したってきいたことあるのに)その後まじになって徹夜して勉強に付き合った。ビ-トルズを教えてくれたお礼に・・・

今日はジョンレノンが、星になってしまってから、28年がたつ。28年前も場所は違うけれど、白馬の白い雪の中で、ジョンレノンが銃殺されてしまったという衝撃的なニュ-スを聞き、スキ-にも出かけず、宿で、ジョンの冥福をみんなで祈りながら夜通し飲んで、みんなで語り泣いた。今すぐにでも飛んで行きたいと泣いた友達と、星空を眺め手を合わせて泣いた。

やっぱり いつまでたっても、懐かしい思い出と共に、ビ-トルズは私から消えないんだろうなぁ・・・

「LOVE&PEACE」

ジョンレノンが、生涯を通じて、表現し続けたテ-マ。

Img_1180 きっと仲間達もあの時を思い出しながら聞いているはず・・・

みんな元気かなぁ・・今日会った高校生のお父さんもきっと素敵な思い出がビ-トルズにあるんだろうなぁ・・・

Lennon Legendを聞きながら・・・・・・

love.  Y

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

師走

Img_1119 あっという間に師走。

数日前に玉原スキ-パ-クも厳かにオ-プンとなった。

まだ積雪も滑走距離も短いけれど、着々と、ウィンタ-シ-ズンモード。

Photo そんな慌しい時間を割いて、数時間だけ、ワイヤ-クラフトの講習会に参加した。

ちょうどオ-プンの日(11月28日のこと)

初めてお会いする先生は、雪道を下山し、緊張が伝わってしまったのか、ぎりぎりで、到着しドキドキしている私の心を察してくれたのか、心を落ち着かせてくれ講習会のほんのわずかな時間を、心豊かな時間にしてくれた。私なんかよりはるかに忙しく時を過ごしているはPhoto_2ずの先生なのにと、変なところで妙に感動し、爪の垢でも煎じて飲みたい気分になった。

Photo_3 先生が用意してくださった材料は、白い天使を作る為の物だった。雪のようなウエディングドレスに透明なハ-トは、これから始まる長い冬を迎える為にエ-ルを送ってくれているように感じ、とても充実した講習会で、車に乗っていても100メ-トル競争しているような気分の私に心が休まる自分のためだけの時間をくれた。

完成した白い天使に、キャンドルの明かりを灯し、大きな窓から見える降雪機の灯りを眺めながら、彼(オ-ナ-)と乾杯した。

「木星と金星と三日月が笑って見えるね」と言ったら彼(オ-ナ-)が笑った。

満天の星空を眺めながら数分だけだけれど、時間が止まってくれたような気がした大切な時間を過ごせた。

ポストの中を開けると、一枚の葉書が届いていた。

先日お越し下さったヨガ合宿のお客様からだった。

心の中で

そっとあなたを想ったら

なんだかほっこり優しい気持ち。

大切な人がいるだけで

人は みんな優しくなれます。

と、素敵なメッセ-ジが書いてあった。

慌しい師走の始まりだけれど、心あせらずにと心に誓った。

love.   YPhoto_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »